「リファイニング建築」によって、76年竣工の共同住宅を再生した「ヴァロータ氷川台」。新築同等以上の快適さとデザイン性を持つ住まいと評価され、2021年度のグッドデザイン賞を受賞した

急増する高経年マンション 長寿命化対策、待ったなし 国は「モデル」拡大へ意欲 

 国土交通省によると、日本国内の分譲マンションストックは約675万戸(20年末時点)に上る。このうち旧耐震基準となる築40年以上は約103万戸を数え、今後10年ごとに倍増していく見込みだ。適切な維持管理をはじめ、改修や建替えによるマンション再生の将来図について区分所有者や不動産事業者は意識を高め、具体的な選択肢を持つ時にいる。長寿命化改修を推進する国や事業者の動向をまとめた。(佐々木淳)  続きを読む >>

総合

11月16日号

住まい・暮らし・文化

総合

開発・企業

政策

投資

賃貸・管理

マンション・開発・経営

決算

マンション管理

売買仲介

資格・実務

賃貸・地域・鑑定

人事

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています