お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

民泊をめぐり住民が方針を模索する住宅街(本文参照)

民泊で揺れる戸建て住宅地 持続的な事業へ対話を 法令以外の懸念材料も 

 18年6月に住宅宿泊事業法(民泊法)が施行されて約1年半。宿泊施設の多様性、可能性を広げる枠組みとして、登録件数やサービスのバリエーションも増えてきている。しかし民泊の周知・普及が進むにつれ、新たな懸念も徐々に姿を現してきたように思える。その一つとして、今回は「戸建て住宅地と民泊の共生」というテーマを追った。(佐藤順真)  続きを読む >>

総合

2月11日号

総合

政策

営業・データ

住まい・暮らし・文化

賃貸・地域・鑑定

マンション・開発・経営

人事

売買仲介

賃貸・管理

マンション管理

資格・実務

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています