都道府県別変動率(住宅地・商業地)

12年公示地価 震災から回復傾向 住宅地2.3%下落、商業地3.1%下落 4年連続下落も下落幅縮小

 国土交通省は3月22日、12年公示地価(今週のことば)を発表した。それによると、12年1月1日時点の地価(調査対象2万6000地点)は住宅地で2.3%下落、商業地で3.1%下落した。住宅地、商業地とも4年連続で下落。ただし、昨年調査(住宅地は2.7%下落、商業地は3.8%下落)より下落幅は縮小した。また、都道府県地価(11年7月1日時点)との共通地点で半年ごとの動きを見ると、東日本大震災のあった11年前半は下落率が拡大したものの、11年後半には下落幅が縮小。国交省は「被災地を除き、比較的早期に回復傾向を示している」と話している。(8、12~23、26面に関連データ)  続きを読む >>

総合

3月27日号

総合

政策

開発・企業

マンション・開発・経営

賃貸・管理

営業・データ

賃貸・地域・鑑定

資格・実務

住まい・暮らし・文化

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています