お知らせ
2018年度競売不動産取扱主任者

好調な市況が続く住宅業界。消費増税などで今後の動向について懸念の声もあるが果たしてどうなるか(写真はイメージ)

住宅着工、17年ぶりの伸び率 13年度上半期好調な市況、今後も持続か

国土交通省の調査によると、13年度上半期(4~9月)の新設住宅着工戸数は49.9万戸となり、前年比12.7%増加した。増加率で見ると、実に17年ぶりの高水準となった。また、新築マンションや中古取引、更に、投資市場も活発に推移するなど、住宅市場全般の足元は好調に推移している。アナリストの間でも、この状態が今後も続くとの見方が強い。 9月の新設住宅着工戸数は8万8539戸で、前年同月を19.4%上 (続く) 続きを読む >>

政策

11月5日号

政策

マンション・開発・経営

賃貸・管理

売買仲介

資格・実務

投資

営業・データ

住まい・暮らし・文化

総合

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています