お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

【お知らせ】新聞紙面で住宅新報をご購読中のお客様に限り、住宅新報webプレミアムプランのご利用が無料になります。→詳しい内容、お申し込みはこちらから←

編集部のおすすめニュース

ステージングが浸透、リースバックに好反響 大手は総合力、中小はFC戦略も 問われる事業者としての姿勢 〝売り〟の信頼獲得に注力

「住宅新報」が年2回調査している不動産流通各社の売買仲介実績。「18年度中間期」(18年11月27日発行)では手数料増加に一服感が見られた。外部要因は共通項であり、18年度の終盤戦、各社の取り組みが鍵を握る。「専任を制する者は、市場を制する」。売主の信頼獲得に向けた流通各社の動向を追った。

住宅新報最新号(2月12日号)はこちら

おすすめの連載

不動産現場での意外な誤解 賃貸借編115 民法上の賃貸物件が売却されたら貸主は?

Q 前回までの「貸主の地位の移転」の問題は、要は賃貸物件をそのままの状態で売却した場合に、特約がなければ誰が貸主になるのかという問題ですよね。

ペット共生住宅を目指すならペットフレンドリーホーム宣言

注目情報

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています