お知らせ
2018年度競売不動産取扱主任者

30年度宅建解答速報

【お知らせ】新聞紙面で住宅新報をご購読中のお客様に限り、住宅新報webプレミアムプランのご利用が無料になります。→詳しい内容、お申し込みはこちらから←

編集部のおすすめニュース

宅建試験 18年度 全国で21万人超が受験 受験率は前年並み

18(平成30)年度の宅地建物取引士資格試験が10月21日、全国で一斉に行われた。受験率は80.6%とほぼ前年並みの水準で推移し、21万3914人が受験に臨んだ。合格発表は、12月5日に行われる。

住宅新報最新号(10月23日号)はこちら

おすすめの連載

ADRの現場から 話し合いでトラブルを解決 (39) 宅地建物取引士(2) コンプラ強く求められ

裁判によらず、当事者同士の話し合いによってトラブルを解決するADR(裁判外紛争解決手続)。今回は、宅地建物取引士が持つべき「士」としてのマインドとADRの関わりについて、LEC<(株)東京リーガルマインド>の水野健専任講師より紹介してもらう。

[PR] 新たな市場として住宅業界注目!!『ペットフレンドリーホーム宣言』

住宅新報アプリ

注目情報

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています