お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

大阪駅北側の開発位置図(提供:UR都市機構)

うめきた2期開発 24年夏にまちびらき 大阪駅前、万博へ加速 

 JR大阪駅北側のうめきた2期地区(約17.1ヘクタール)では、JR東海道線支線地下化事業と新駅設置、土地区画整理事業、再開発事業(総延べ床面積は約52万m2)、都市公園などの整備が進められている。まちづくりでは、帯水層蓄熱利用やICT技術など先進技術の導入や、地区内のみどりを一体的に管理運営する手法も検討されている。9月に三菱地所を代表とする民間事業者に土地が引き渡され、開発が本格化する。23年3月に新駅開業、24年夏ごろの一次まちびらきを目指している。(池中隆)  続きを読む >>

総合

3月10日号

マンション・開発・経営

政策

総合

人事

売買仲介

住まい・暮らし・文化

営業・データ

資格・実務

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています