登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

全国平均・都道府県別の変動率と地点数 (単位%、地点)

14年基準地価 下落率、縮小傾向続く 三大都市圏 住宅地は上昇に転換

 国土交通省が発表した14年都道府県地価調査(基準地価、7月1日時点)によると、全国平均では住宅・商業地とも依然として下落しているものの、下落率は縮小傾向が継続。上昇地点数の割合は全国的に増加し、特に三大都市圏では、住宅地の半分弱の地点が上昇。商業地の3分の2強の地点が上昇している。一方、地方圏は住宅地、商業地ともに上昇地点は増加しているが、8割弱の地点が下落。ただ、一部の地域では上昇の兆しが出ている。  続きを読む >>

政策

9月23日号

政策

総合

投資

マンション・開発・経営

賃貸・管理

売買仲介

営業・データ

住まい・暮らし・文化

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています