お知らせ
日本レジデンシャル・セールスプランナーズ協会(日本RSP協会)不動産仲介士®とは

名称が変更してから初めての試験が10月18日に行われる。「士」に変わったことで資格者のスキルアップが更に求められている(写真は昨年の宅建主任者試験の様子)

〝士〟で変わる宅建資格 高まる責任、業界を底上げ

 今年4月1日、一つの資格が生まれ変わった。「宅地建物取引士」||これまでの宅地建物取引主任者からいわゆる士業となり、「記念フォーラム」も開かれるなど業界全体が盛り上がりを見せた。行える業務はこれまでの「取引主任者」と何ら変わりはないが、政府が主導する中古住宅流通活性化の流れの中で、これまでよりも幅広い活躍が見込まれる。10月18日に新生「宅地建物取引士資格試験」が行われるこの時に、宅地建物取引士はどこに活躍の場を求め、また、その存在が求められるのか。今後の宅地建物取引士のあり方に迫った。                (近藤 隆)  続きを読む >>

総合

9月29日号

総合

政策

投資

マンション・開発・経営

マンション管理

売買仲介

賃貸・管理

資格・実務

営業・データ

住まい・暮らし・文化

新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています