お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

主要不動産企業の20年3月期決算、新型コロナ影響も過去最高 20年度業績予想、約半数「未定」で不透明感強く

 主要不動産企業の20年3月期決算がまとまった。第4四半期は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、商業施設や宿泊施設を中心にマイナス要因があったものの、新築マンションや都市部での賃貸住宅の底堅い需要、オフィスの好調による好業績が目立ち、過去最高の業績を記録したところも複数あった。一方、21年3月期は、業績予想を「未定」とする企業が中堅を中心に目立つなど、先行きの不透明さが漂う。ただ、減収減益予想も過去10年と比較しても低い水準ではなく、分譲住宅、オフィスを中心に需要は底堅いと見ている。  続きを読む >>

総合

5月26日号

営業・データ

総合

政策

人事

マンション・開発・経営

売買仲介

住まい・暮らし・文化

資格・実務

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています