登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

開始前の緊張した空気が漂う試験会場=東京都内で

12年度宅建試験 受験者再び増勢 全国19.1万人が受験 難易度は昨年より上昇 受験率は平均80.9%

 12(平成24)年度宅地建物取引主任者資格試験が10月21日、全国一斉に実施され、19万人を超える受験者が勉強の成果を発揮すべく、合格を目指して受験した。数日前まで心配された台風の影響もなく、ほぼ全国的に穏やかな好天に恵まれ、絶好の試験日和となった。関東地方では朝から晴れて昼前から気温が上がり、夏を思わせる陽気となった。都内の私立大の受験会場では、開始1時間ほど前から受験者が集まりはじめ、最終チェックのためか参考書を開いて確認している姿もあった。試験問題そのものは実務重視の傾向を踏襲する内容だったが、新形式の出題もあり、難易度は昨年を上回ると見られる。合格発表は12月5日の予定。(関連記事7~11面) 続きを読む >>

総合

10月23日号

総合

政策

マンション・開発・経営

賃貸・管理

資格・実務

賃貸・地域・鑑定

営業・データ

開発・企業

住まい・暮らし・文化

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています