お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

老朽化し空室が目立つアパートを改修し、低家賃で高齢者に貸し出す事業が増える可能性も

空室を高齢者向け住宅に 厚労省 低所得者対象に検討 「サ高住」よりもハードル低く

賃貸住宅の空室は年々拡大している。その改善を図ろうと、入居者確保へ向けた取り組みは見られているが、「高齢入居者」を敬遠する風潮は依然として残っている。国主導の政策で、「空室改善」と「高齢者の居住確保」の2つを実現しようとする動きもあるが、複雑な心境を語るオーナー、不動産会社がいるのも事実だ。 厚生労働省は低所得の高齢者向け住宅「高齢者ハウス(仮称)」を供給するための検討を始めた。7月上旬 (続く) 続きを読む >>

政策

8月27日号

政策

総合

賃貸・地域・鑑定

賃貸・管理

マンション・開発・経営

売買仲介

資格・実務

営業・データ

住まい・暮らし・文化

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています