登記サービスならNTTデータの地図クラウドサービス - BizXaaS MaP

好調不調の二極化が見られた首都圏の春商戦

首都圏・春の賃貸繁忙期 3月成約数が3万件割れ 二極化進むも業況感は「上々」 

 19年春の賃貸繁忙期(18年12月~19年3月)は、3月の成約数が首都圏全エリアで3万件を割り、繁忙期全体で9万件を下回った。背景には売買価格の上昇や賃料・引っ越し費用の高騰等による流動性の低下が見られる。一方、業況感は「前年ほど悪くない」と捉える事業者も多く、同一駅における不動産会社の好調不調など二極化の動きが進んだ。多様化、個別化する市況の中で〝地域のプロ力〟が一層問われていく。  続きを読む >>

総合

5月7日号

総合

政策

マンション・開発・経営

賃貸・管理

賃貸・地域・鑑定

売買仲介

資格・実務

住まい・暮らし・文化

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
マンション管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています