お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

首都圏・春の賃貸繁忙期 3月、契約件数落ち込む 景況感悪化、大きく影響

 16年春の賃貸繁忙期。不動産会社の間では、「例年よりも出足は良かったが、後半になるにつれて萎んできた」といった意見が目立った。一時期と比べると家賃にも下げ止まり傾向が表れ、市況は改善してきたかに見える。ただ、「二極化」の進行を指摘する声は以前にも増して強い。年間市況を占う一つの指標である春繁忙期。今年はやや落ち込んだ感が出た。  続きを読む >>

政策

4月26日号

政策

総合

投資

マンション・開発・経営

マンション管理

売買仲介

資格・実務

賃貸・管理

住まい・暮らし・文化

新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています