お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

基準地価 全国平均・都道府県別の変動率と地点数

商業地、上昇基調強める 全国平均下落も縮小傾向続く

 国土交通省はこのほど、15年都道府県地価調査(基準地価、7月1日時点)をまとめた。全国平均は住宅地・商業地ともに依然として下落基調だが、下落幅の縮小傾向は続いている。住宅地の全国平均は1.0%下落(前年1.2%下落)で、前年に続き下落幅が縮小。低金利の継続や住宅ローン減税などの政策優遇が、需要を下支えしている状況が反映された。加えて、株価上昇に伴い特に都心部での資産効果が増し、高額物件の取引増も、堅調な地価推移の一因となった。商業地の全国平均は0.5%下落(同1.1%下落)で、下落幅が縮小した。金融緩和を背景とした活発な不動産投資が寄与したほか、主要都市の一部では、外国人観光客の増加で店舗需要が堅調。オフィスについても空室率の低下や、一部では賃料の反転上昇の兆しも出ている。また堅調な住宅需要を受けて、利便性の高い商業地でマンション用地としての土地利用も増加。これらの複合的要因により、総じて商業地の収益性が向上している模様だ。(16面に関連記事)  続きを読む >>

政策

9月22日号

政策

総合

投資

マンション・開発・経営

資格・実務

マンション管理

売買仲介

賃貸・管理

住まい・暮らし・文化

受験対策講座2019
【入場無料】“賃貸管理”からあらたな“顧客を生み出す”セミナー(東京)【アンコール講演】

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています