お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

大言小語 新たな日常

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 関東地方も梅雨入りが近づいているようだ。みずみずしい若葉が例年以上に目にしみる。というのも、新型コロナウイルスのせいで落ち込みがちな気分を癒やしてくれるものがいとおしい。今は誰もが先の見えない不安と戦っている。

 ▼新型コロナによる不安で、長期の住宅ローンを組む住宅取得に対するマインドが落ち込むのではないかと懸念されている。大手ディベロッパーも20年度の業績予想では、軒並み慎重な見方に転じている。不安を解消するためには、リスクに目をつぶるのではなく、予想されるリスクを開示して、減らせるものは減らし、万一のときにも対応できる手立てを講じておくことだ。こういうときだからこそ、今まで以上に丁寧な情報を顧客に提供する必要がある。

 ▼今回のコロナで見えてきたリスクは、突然の経済低迷による大幅な収入減、勤務先の倒産、家族の罹患などだが、こうしたリスクが、ある意味今後の〝新たな日常〟になる。住宅ローンも、そこに合わせた変革を迫られるのではないか。例えば、ノンリコースローンの導入などだ。

 ▼ただ、不安におびえるばかりでもいけない。住宅・不動産業界は国民を幸せにする産業だ。ウイルスとの共存など新たな日常が始まるのであれば、新たな日常での幸せとは何かを考えればいいのではないか。梅雨の季節にも誰もが愛でるアジサイが咲くように。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています