登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

急増する高経年マンション 長寿命化対策、待ったなし 国は「モデル」拡大へ意欲 

この記事を読むのに必要な時間:約6分

 国土交通省によると、日本国内の分譲マンションストックは約675万戸(20年末時点)に上る。このうち旧耐震基準となる築40年以上は約103万戸を数え、今後10年ごとに倍増していく見込みだ。適切な維持管理をはじめ、改修や建替えによるマンション再生の将来図について区分所有者や不動産事業者は意識を高め、具体的な選択肢を持つ時にいる。長寿命化改修を推進する国や事業者の動向をまとめた。(佐々木淳)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています