お知らせ
家族の幸せと財産をつなぐ不動産コンサルティング

【お知らせ】新聞紙面で住宅新報をご購読中のお客様に限り、住宅新報webプレミアムプランのご利用が無料になります。→詳しい内容、お申し込みはこちらから←

編集部のおすすめニュース

ベンチャー系企業が台頭 ――ICT、不動産テックで本領発揮―― 大手流通会社と連携、提携も 開発スピード加速

住宅・不動産分野でベンチャー系企業が目覚ましい事業活動を行っている。マンションの価格査定はソニー不動産やライフルなどが先行しているが、売却検討オーナーと仲介会社をマッチングさせるものや完全会員制の提案型不動産サービスなどニッチな分野に進出し、高い業績を上げている。また、大手不動産流通会社と提携し、会社独自のサービスをいわばOEM配給している企業もある。こうした、ベンチャー系企業の最近の動きを追った。

住宅新報最新号(4月25日号)はこちら

おすすめの連載

鑑定士協連レター 17年地価公示が示すもの 土地需要、経済合理性軸に

今年の地価公示結果は、数年来の需給動向の延長線上にあることを示す結果となりました。東京や大阪の都心など特殊な上昇を示す地点はあるが、全国を一括りにすれば極めて堅調な推移であることが示されました。

[PR] 相続で発生する資産移転市場規模は年間平均37兆円。いま不動産業界に求められるものは。

3月首都圏の居住用賃貸物件の成約数13カ月連続減 アットホーム

アットホームの首都圏3月期の居住用賃貸物件の成約数は3万218件で、前年同月比0.5パーセント減少し、13カ月連続のマイナスとなった。エリア別では神奈川県が前年同月比で再び増加し、埼玉県が9カ月ぶりに増加に転じた。 マンションの不振が続くが、アパートが新築・中古ともにすべてのエリアで増加しているため、全体の減少率は直近13カ月間で最も低い状況となって ... 続きを読む ≫

雑草でお困りなら…エイトアップ

注目情報

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています