お知らせ
住宅新報社の登録講習

【お知らせ】新聞紙面で住宅新報をご購読中のお客様に限り、住宅新報webプレミアムプランのご利用が無料になります。→詳しい内容、お申し込みはこちらから←

編集部のおすすめニュース

家賃債務保証業、登録制を検討 保証内容説明など課題山積 住金機構保険の優遇も

現在、賃貸借契約の約6割の利用率をしめる家賃債務保証会社。増加傾向にあるものの、業者も千差万別で、業界団体に入っていない業者も多いのが実情だ。そこで国は、一般消費者等が情報を手に入れやすい仕組みを作るとして、家賃債務保証業者の登録制度創設を打ち出した。その背景や問題点を追った。

住宅新報最新号(2月21日号)はこちら

おすすめの連載

東京都不動産のれん会 不動産業の『礎』築く ~その軌跡と貢献~ (9) 地域の安心、事業者に期待

今回は、品田守敏氏と野田聖子氏に、野田卯一氏やのれん会のこと、更に今後の宅建事業者への期待などについて、2回にわたって話を聞いた。

サラリーマンオーナーの投資目標「7戸、月収入36万円」 日本財託

  投資用マンション販売を手掛ける日本財託(東京都新宿区、重吉勉社長)はこのほど、サラリーマンオーナーを対象に意識調査を実施した。それによると、「所有戸数7戸・月収入36万円」を投資目標としていることが分かった。 調査は、昨年から不動産投資を始めたサラリーマンオーナー315人を対象に実施した。目標とする月額の手取り家賃収入について聞いたところ、平均は36万円だっ ... 続きを読む ≫

不動産受験新報

注目情報

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています