お知らせ
住宅新報社の宅建受験対策講座
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

【お知らせ】新聞紙面で住宅新報をご購読中のお客様に限り、住宅新報webプレミアムプランのご利用が無料になります。→詳しい内容、お申し込みはこちらから←

編集部のおすすめニュース

過熱するアパートローン ――金融機関と住宅メーカーに警鐘 事業性の見極め必要

金融機関が個人による貸家業に融資するアパートローンの貸出残高が増加、貸家の着工戸数が全体の半数近くとなっている。新築の貸家が増えることで空き家が増加しているほか、オーナーが求めていた家賃収入ラインを下回り、事業継続に暗雲が広がるケースも出てきた。金融庁も実態調査に乗り出すなど問題化しているアパートローンについて追った。

住宅新報最新号(4月18日号)はこちら

おすすめの連載

鑑定士協連レター 17年地価公示が示すもの 土地需要、経済合理性軸に

今年の地価公示結果は、数年来の需給動向の延長線上にあることを示す結果となりました。東京や大阪の都心など特殊な上昇を示す地点はあるが、全国を一括りにすれば極めて堅調な推移であることが示されました。

[PR] 相続で発生する資産移転市場規模は年間平均37兆円。いま不動産業界に求められるものは。

3月中古マンション売り価格 4カ月ぶりにわずかな弱含み

東京カンテイが発表した3月の中古マンション価格(70平方メートル換算、売り希望価格)によると、首都圏は前月比でマイナス0.1%の3581万円とわずかながら4カ月ぶりに弱含んだ。ほぼ全域にわたって価格を下げたことが要因だが、価格水準の高い東京都の事例シェアが相対的に拡大したため、わずかな下落に留まった。都県別に見ると東京都は同0.6%マイナスの4815万円。東京23区では同マイナス0.3%の5311万円。神奈川県(2804万円、同プラス0.3%)では堅調な推移を維持し ... 続きを読む ≫

雑草でお困りなら…エイトアップ

注目情報

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています