お知らせ
家族の幸せと財産をつなぐ不動産コンサルティング

【お知らせ】新聞紙面で住宅新報をご購読中のお客様に限り、住宅新報webプレミアムプランのご利用が無料になります。→詳しい内容、お申し込みはこちらから←

編集部のおすすめニュース

〝民泊新法〟国会へ――年間提供日数は180日――住宅宿泊事業法 詳細は地方条例で

民泊に関する住宅宿泊事業法案、いわゆる〝民泊新法〟が3月10日に閣議決定された。反対の声もやまぬ中、自民党の国土交通部会や観光立国調査会などからなる合同会議で承認され、国会に提出された。今後は国会での成立を経て、施行は公布から1年以内の予定。

住宅新報最新号(3月21日号)はこちら

おすすめの連載

点検・不動産投資 新成長分野への展開 宮城大学事業構想学部教授田辺信之 ホテル (2) いちご投資顧問代表執行役社長織井渉氏 経年劣化のホテルに潜在力

 

[PR] 相続で発生する資産移転市場規模は年間平均37兆円。いま不動産業界に求められるものは。

12カ月連続でマイナス 首都圏2月の賃貸成約 全エリアで減少

アットホームの調査によると、2月の首都圏における居住用賃貸物件成約数は2万6782件で、前年同月比6.0%減となり、12カ月連続のマイナスとなった。東京23区は1万1513件で同5.7%減で、こちらも同12カ月連続減。ほか、東京都下、神奈川県、埼玉県、千葉県とすべてのエリアで減少。全エリアでの減少は4カ月ぶり。東京都下ではマンション、神奈川県ではアパートが不調だった。ただし、埼玉県と千葉県の ... 続きを読む ≫

不動産受験新報

注目情報

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています