お知らせ
家族の幸せと財産をつなぐ不動産コンサルティング

売買仲介記事一覧

  • 「AI戦略室」を新設、中古不動産市場活性へ GAテクノロジーズ NEW 売買仲介

    中古不動産のプラットホームを運営するジーエーテクノロジーズ(東京都渋谷区、樋口龍代表取締役社長)は4月24日、「AI戦略室」を新設した。不動産業界で初となる自社内研究開発組織。テクノロジーによる不動産流通サービス発展のため、AI技術及びビッグデータの研究・開発を行う。室長は小林賢一郎氏(ソニー研究所の元主任研究員)。 (続く)

  • リノベブランドFC説明会を5月に東京で クラスコ 売買仲介

    クラスココンサルファームは、6月1日から全国でフランチャイズ展開を開始する売買リノベーションブランド「カウリノ」の事業説明会を5月18日に東京・銀座で開く。不動産会社と施工会社に限定し、収益を伸ばすビジネスモデルと独自の設計デザインやモデルルーム、施工コストダウンの秘訣を説明する。定員20人。 買い取り再販事業の新たな収益源として、同社独自のノウハウを紹介する。説明会は午後2時から、個別相談会は午後4時から、会場は東京都中央区銀座2の (続く)

  • ライフル、「働きがいのある会社」アジア版で初選出 売買仲介

    住生活情報サービスを提供するライフルはこのほど、世界最大規模の従業員意識調査機関「GPTW(Great Place to Work  Institute)」が発表した「働きがいのある会社ランキング(2017年版アジア地域)」で、初のベストカンパニーに選出された。GPTWが展開するアジア9カ国、1400社以上の参加企業のうち、「大企業部門(500名以上)」で第23位。同社はこれまで日本版のランキングでベストカンパニーに7年連続で選ばれており、アジア地域では今回初めての選出となった。 (続く)

  • 3月中古マンション売り価格 4カ月ぶりにわずかな弱含み 売買仲介

    東京カンテイが発表した3月の中古マンション価格(70平方メートル換算、売り希望価格)によると、首都圏は前月比でマイナス0.1%の3581万円とわずかながら4カ月ぶりに弱含んだ。ほぼ全域にわたって価格を下げたことが要因だが、価格水準の高い東京都の事例シェアが相対的に拡大したため、わずかな下落に留まった。都県別に見ると東京都は同0.6%マイナスの4815万円。東京23区では同マイナス0.3%の5311万円。神奈川県(2804万円、同プラス0.3%)では堅調な推移を維持し (続く)

  • 18年度新卒採用で、宅建有資格者は1次面接免除 東急リバブル 売買仲介

    東急リバブルは4月20日、18年度新卒採用選考で、「宅地建物取引士有資格者」「ナンバーワン経験者」の学生については1次面接を免除すると発表した。 同社では昨年度から学生が選択できるようにした学生主導の選考フローを導入しており、今年度では(1)通常、(2)宅建有資格者、(3)ナンバーワン経験者の3つの選考ルートから学生が自身の経験や意欲、強みなどを最大限にアピールできるルートを選択し、エントリーできる (続く)

  • インスペクションを立ち会いなし対応に さくら事務所 売買仲介

    さくら事務所は、これまで買主である依頼者の立ち会いを原則としてきたホームインスペクション業務の一部で、立ち会いなしでも対応できるようにした。売主や仲介業者の立ち会いなしでも対応する。当日の調査結果は原則として翌日までにメールで伝える。自宅のほか、遠方の実家、セカンドハウスでも受け付ける。 (続く)

  • 不動産購入検討者の事前コンサルを開始 さくら事務所 売買仲介

    さくら事務所は、不動産購入検討者を対象としたコンサルティングサービス「はじめての買い方指南」を開始した。購入前に知っておきたい10のポイントから3つを選んでもらい、レクチャー30分、相談30分の計60分、5000円から受け付ける。 選べる10項目は、理想的な購入予算と借入金額の見極め方、マンション管理 (続く)

  • ICT活用、「ノムコム」に2つの新機能追加 野村不アーバン 売買仲介

    野村不動産アーバンネットは4月11日、不動産情報サイト「ノムコム」の新機能として、「3D ウォークスルー動画」と「レコメンド物件メール配信サービス」の提供を開始した。前者は立体的な高解像度画像により室内をあらゆる角度から閲覧できるウェブ物件見学機能。後者はノムコムの閲覧行動データと機械学習機能を活用し、会員個々の嗜好に合わせた最適な物件情報をメール配信するサービスだ。どちらも物件の購入検討者をICTでサポートするもので、人工知能(AI)によるチャット型Q&Aサ (続く)

  • 3月中古マンション成約数 再び増加に 東日本レインズ 売買仲介

    東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は4月10日、3月の首都圏流通動向をまとめた。首都圏の中古マンションの成約件数は3719件で、前年同月比3.6%増。6カ月ぶりに減少した先月から再び増加に転じた。中古戸建ての成約件数は13 (続く)

  • 大成有楽不販 リフォーム提案サイトを拡充 売買仲介

     大成有楽不動産販売(東京都中央区)は4月7日、サービスサイト「イエタン(ietan)」のリフォームページ内に、「中古住宅購入×リフォーム」のメリットをイラスト付きで紹介する提案サイト「RISO-SUMA」を追加した。 (続く)

  • リノベ商品FC事業で初説明会を仙台で クラスコ 売買仲介

    クラスココンサルファームは、6月1日から開始するリノベーションブランド「カウリノ」のフランチャイズ事業の全国展開を前に、4月13日に不動産会社と施工業者に限定した事業説明会を仙台で初めて開催する。 同事業では中古物件の買い取りから施工、再販売までをパッケージ化。デザインやインテリアコーディネートのノウハウを加盟会社に提供する。説明会は定員10人。時間は午前10時30分から午後12時30分。場所は宮城県仙台市青葉区中央3の4の12、SSスチール2ビル6階。 (続く)

  • オンライン不動産仲介ietty社と業務・資本提携 C21ジャパン 売買仲介

    センチュリー21・ジャパンは伊藤忠商事と共に、オンライン接客型不動産仲介を展開するiettyの実施する第三者割当融資に応じた。3月31日までに、共同で約2億5000万円の新株引き受けを完了した。また、同社とieetyは業務提携契約を締結するとともに、取締役1人を派遣する。 賃貸仲介におけるオンラインチャット接客システムを業界に先駆けて実現して (続く)

  • 「晴れ」は変わらず、「小雨」が2地域増 2月中古マンション価格天気図 売買仲介

    東京カンテイはこのほど、2月の中古マンション価格天気図を発表した。 それによると、「晴れ」は10地域で変わらず、「雨」は10から9地域に減少。「曇り」は9地域で変わらず。「小雨」は9から1 (続く)

  • 不動産売却サイトをリニューアル シースタイル 売買仲介

    シースタイルは、不動産売却を中心とした情報発信サイト「スマイスターMagaZine」をリニューアルした。ターゲット層に沿ったデザイン性を重視するなどし、よりシンプルにわかりやすくした。 開設後6カ月が経過し、専門家300人以上による執筆記事の掲載が4500を突破したこと (続く)

  • 前月比3カ月連続下落 2月・首都圏、新築戸建て成約価格 売買仲介

    アットホームの調査によると、2月の首都圏における新築戸建て住宅の平均成約価格は3373万円(前月比0.4%下落)で、3カ月連続で下落した。エリア別に見ると、東京23区の平均価格は5079万円(同6.1%上昇)と値を戻した。5000万円以上の物件割合が大幅に上昇し、平均価格は再び5000万円を超えた。しかし、東京都下は3592万円(同2.3%下落)、神奈川県は34 (続く)

  • スマートハウス機能を既存賃貸住宅に提供 リノベる 売買仲介

    リノベるは3月28日から、不動産売買賃貸の仲介などを行っている株式会社エスエストラストと提携し、同社が提供するスマートハウス専用アプリ「コネクトリーアップ」に対応した機能を付けた賃貸住宅の提供を開始した。 今回導入するのは、「Hue」と「BOOCO」。「Hue」は、スマートフォンアプリを使用して明るさや色を変えられるスマート照明。手動で操作するだけでなく、位置情報やフェイスブックへの書き込みなどウェブ上の行動と連携させた制御が行える。 「BOOCO」は、スマートフォンで音声メッセージやテキストメッセージのやり取りができるユカイ工学が提供するコミュニケーションロボット。様々な生活シーン (続く)

  • 売りたい街1位は「世田谷区」に 鹿児島と大分もランクイン シースタイル調べ 売買仲介

    不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するシースタイルはこのほど、全国の「売りたい街ランキング2017」を集計し、東京都世田谷区が1位になったと発表した。 この調査は16年1年間に「スマイスター」の不動産売却ユーザーを対象に、査定依頼のあった不動産の行政区を集計したもの。 2位は大田区、3位は練馬区でベスト10内に東京23区が8区ランクインした。また、鹿児島市が5位、大分市が9位、11位に福岡市中央区と九州も高いランキングを示した。 同社では、 (続く)

  • 2月中古マンション売り価格 目立った動き見られず 売買仲介

    東京カンテイが発表した2月の中古マンション価格(70平方メートル換算、売り希望価格)によると、首都圏は前月比でプラス0.4%の3583万円。12月、1月は横ばいでここ3カ月間では目立った動きは見られない。都県別に見ると東京都は同0.4%プラスの4845万円。東京23区では同プラス0.2%の5328万円。神奈川県と千葉県では引き続き小幅な上昇。埼玉県ではマイナス0. (続く)

  • 住宅ローン契約を電子化 マイナンバーカード利用で 地所レジ、リバブル、三菱東京UFJ銀など マンション・開発・経営

    三菱東京UFJ銀行、三菱地所レジデンス、東急リバブル、凸版印刷は4月下旬から、マイナンバーカードを利用した住宅ローン契約電子化システムの運用を開始すると発表した。 これは、新たに開発したサービス「スピードエントリートラスト」を使って、顧客の自宅で住宅ローンのすべての手続が完結するシステムで、銀行に行くことなく手続きができるほか、契約に押印する手間や印紙貼付も不要となる。4月下旬から地所レジの首都圏新規分譲物件、東急リバブルの不動産売買仲介店舗の首都圏受付分を対 (続く)

  • 2月分譲マンション賃料、首都圏3カ月連続で下落 東京カンテイ調べ 売買仲介

     東京カンテイ(http://www.kantei.ne.jp/)の調査によると、2月の首都圏・分譲マンション賃料は前月比0.6%下落の2666円(1平方メートル当たり、以下同)と3カ月連続で下落した。東京都での弱含みが影響した。 都県別で見ると、東京都は同マイナス0.6%の3166円と緩やかな下落傾向で推移。埼玉県(1589円、同0.5%下落)でも3カ月ぶりに弱含んだ。神奈川県(2059円、同0.1%上昇)は築浅物件からの事例が増えた (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています