お知らせ
住宅新報社の受験対策講座

住まい・暮らし・文化記事一覧

  • 和田会長(左)とスミス社長

    積水ハ×マリオットH 大阪に国内初「Wホテル」 住まい・暮らし・文化

    積水ハウスと世界的なホテル事業大手の米マリオット・インターナショナル(アーン・ソレンセン社長)は21年2月、大阪・御堂筋沿いに日本初進出となる「W(ダブリュー)ホテル」ブランドの新ホテル「WOSAKA」を開業する。 同ブランドはニューヨークの文化を基盤としたラグジュアリーホテルで、既存ホテルのイメージに捉われない大胆な色使いや斬新なデザインなどのアプローチが特徴。積水ハウスが事業主として同ホテルを所有し、運営をマリオットが担当。建築設計・監理は日建設計が担い、設計顧問として建築家の安藤忠雄氏が参画。建築施工は竹中工務店。 1月10日に開かれた記者会見で、積水ハウスの和田勇会長は (続く)

  • 新社長に土岐氏 セキスイハイム不動産 住まい・暮らし・文化

    セキスイハイム不動産は1月1日付で、積水化学工業住宅カンパニーフロンティア事業統括部長の土岐勝哉氏が新社長に就任した。眞田元清前社長は交代で同事業統括部長となった。 新社長の土岐勝哉氏(とき・かつや)は85年に積水化学工業に入社。91年1月名古屋ハイム営業所豊橋オーサンス展示場店長、98年4月名古屋東営業所第3グループ長。07年7月セキスイ (続く)

  • 阿部俊則・積水ハウス社長

    業界各社トップ年頭訓示 ハウスメーカー 自らの特色生かし高み目指す 住まい・暮らし・文化

    最高決算視野に前進 阿部俊則・積水ハウス社長兼COO当社はZEHの「グリーンファーストゼロ」の普及に取り組み、既に戸建て住宅に占める割合は74%を超え、同時に省エネリノベーションにも注力している。これらを通じて、温暖化防止だけでなく、ヒートショックなどの家庭内事故の予防や健康寿命の延伸にもつなげていく。また積水ハウスグループは17年3月、20年を最終年度とする第4次中期経営計画を発表した。「請負型」「ストック型」「開発型」そして新たに「国際事業」を加えた4つのビジネスモデルを軸とし、地球温暖化や高齢化などの社会課題に対応すると共に、インバウンドに対 (続く)

  •    源侑輝社長

    住むだけではなく「豊かな暮らし」を 生涯にわたる住居の提供を目指す Livmo(東京都千代田区) 「顧客が自分の力で 良い物件を探し出せるように」 住まい・暮らし・文化

     学生の頃の体験を基に、不動産業に夢を託して起業した若者がいる。「単に賃貸の仲介や売買の斡旋をするだけではなく、顧客が生涯にわたって豊かな暮らしを実現できるように、住まいの手ほどきをしていきたい」と語る源社長。まだ29歳という若さで不動産業の夢に向かって、走り続けている。

  • 自分にマッチした賃貸なら長く住みたくなる(ポラスグランテックの「ショコラ」)

    造る 未来 (1) 賃貸市場に吹く風 カスタマイズの最高峰へ 住まい・暮らし・文化

     業界は未来を展望するのではなく創造すべきである。例えば賃貸住宅市場は420万戸の空室を抱える一方、公営住宅の応募倍率が全国平均5.8倍になるなど需要と供給との間に大きなミスマッチが生じている。つまり、所得に応じて選ぶことができる良質な賃貸住宅が不足している。どうすればユーザーニーズに応える賃貸住宅が供給できるのか。国も住宅政策の軸足をようやく持ち家から賃貸へと移し始めたようだ。今こそ賃貸住宅業界は賃貸の魅力を積極的にアピールするときである。「これからはローン返済額並みの家賃で、あなたにピッタリの賃貸住宅に住めます!」と――。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています