お知らせ
『耳勉』は学んだことを暗記させるために開発しました!
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

マンション・開発・経営記事一覧

  • 伊藤忠・野村不、大阪でタワーマンション NEW マンション・開発・経営

    伊藤忠都市開発と野村不動産は、大阪・船場エリアでタワーマンション「クレヴィアタワー大阪本町」(30階建て、総戸数181戸)を開発する。4月1日、モデルルームをグランドオープンする。 (続く)

  • 「ファッション」テーマのリノベマンション、フージャースコーポ、 マンション・開発・経営

    フージャースコーポレーションはこのほど、ファッションをテーマとしたリノベーションマンションを東京都新宿区で販売すると発表した。リノベーション住宅に特化したオンラインマーケット「カウカモ」を運営するツクルバ(東京都目黒区)と、ファッションブランド「アングリッド」を展開するMARK STYLER(東京都渋谷区)との共同プロデュース。廊下には、入居者が自分の好きなファッションや雑 (続く)

  • 介護業務効率化へ、情報をスマホで一括管理 アズパートナーズなど 総合

    介護事業を手掛けるアズパートナーズ(東京都千代田区、植村健志社長)は3月22日、パラマウントベッドなど4社と共同で、ICT・IоTを使った新システム「EGAO link」を開発・導入したと発表した。ナースコールや記録管理システムなど4つの機器を連携。それらの情報が介護スタッフのスマートフォンで一括管理でき、業務の効率化が図れる。 (続く)

  • 伊藤忠都市開発 新築学生専用住宅「クレヴィアウィル武蔵小杉」竣工 マンション・開発・経営

    伊藤忠都市開発は、神奈川県川崎市の新築学生専用住宅「クレヴィアウィル武蔵小杉」を竣工、3月18日から入居を開始した。同社の学生専用住宅開発事業の第1号で、利便性の高い武蔵小杉駅徒歩圏にあり、全390戸。 (続く)

  • 三井不動産レジデンシャル 学生寮事業に参入 マンション・開発・経営

    三井不動産レジデンシャルが学生寮事業に参入した。第一弾の物件として、同社が開発、竣工し、全国に学生寮を展開する毎日コムネットが一括賃貸し運営す (続く)

  • 住宅ローン契約を電子化 マイナンバーカード利用で 地所レジ、リバブル、三菱東京UFJ銀など マンション・開発・経営

    三菱東京UFJ銀行、三菱地所レジデンス、東急リバブル、凸版印刷は4月下旬から、マイナンバーカードを利用した住宅ローン契約電子化システムの運用を開始すると発表した。 これは、新たに開発したサービス「スピードエントリートラスト」を使って、顧客の自宅で住宅ローンのすべての手続が完結するシステムで、銀行に行くことなく手続きができるほか、契約に押印する手間や印紙貼付も不要となる。4月下旬から地所レジの首都圏新規分譲物件、東急リバブルの不動産売買仲介店舗の首都圏受付分を対 (続く)

  • 住友林業 障害者雇用特例子会社の新社屋を竣工 マンション・開発・経営

    住友林業の子会社、スミリンウッドピース(愛媛県新居浜市、沢田明宏社長)の新社屋が3月2日に竣工した。住友林業グループの強みを生かし、化粧柱に国産ヒノキ無垢材を使うなど空間の木質感を重視した木造軸組工法の平屋建て。同子会社は障害者の社会参加推進を目的として15年7月に設立され、人員は (続く)

  • ミサワホ 過去最大級の鉄骨ユニット工法建築を竣工 マンション・開発・経営

     ミサワホームはこのほど、同社の鉄骨ユニット工法「HYBRID」を使用した「駒澤大学陸上競技部学生寮」(東京都世田谷区)を竣工した。あらかじめ工場で外壁やサッシ、電気配線などを組み込んだユニットを製造し、現場で組み立てる工法で、今回は一般的な戸建て住宅の約10倍相当、過去最大規模となる105ユニットを使用した。建物は地上3階建てで、延べ床面積は1077・8 (続く)

  • 名古屋市内で学生会館を3月にオープン JSB マンション・開発・経営

    ジェイ・エス・ビーは、愛知県名古屋市内で学生会館の「UniE`meal(ユニエミール)ナゴヤドーム前」を開発し、3月1日にオープンする。自社プロデュースの館内調理食堂で朝夕2食を提供し、居室に電化製品や調度品、インターネット回線を完備。防犯性を高めるため、玄関にはICカードやスマートフォンを鍵として使えるスマートロックを採用した。 規模はRC造12 (続く)

  • 東急不動産他 インドネシアの分譲マンションでVR技術導入 マンション・開発・経営

    東急不動産は、ジャカルタ市内で分譲中の高層タワーマンションで、VR(バーチャルリアリティ)技術を使った手法での販売を開始した。現地子会社である東急不動産インドネシアを通じ、分譲マンション「BRANZ SIMATUPANG」のマーケティングギャラリー内で始めたもの。バーチャルで建設中の物件共用部などを体感できる。 (続く)

  • 16年新築マンション供給、住友不が3年連続トップ マンション・開発・経営

    不動産経済研究所の調査によると、16年の新築分譲マンション事業主別供給ランキングトップは、住友不動産だった。全国で6034戸を供給し3年連続のトップとなった。 2位は三井不動産レジデンシャル(4320戸)、3位は野村不動産(4056戸)、4位はプレサンスコーポレーション(3225戸)、5位は三菱地所レジデンス (続く)

  • 16年全国マンション供給、3年連続減少で7.7万戸 不動産経済研 マンション・開発・経営

    不動産経済研究所の調査によると、16年に全国で供給された新築分譲マンションは7万6993戸で前年を1.4%下回った。前年比で減少となるのは3年連続となる。 7万戸台に落ち込んだのは2年連続となる。   (続く)

  • 東急電鉄 南町田の商業施設開発概要を発表 マンション・開発・経営

    東急電鉄は、田園都市線南町田駅周辺を官民共同で再開発する「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」の商業施設計画概要を発表した。着工は5月予定で、開業は19年度を見込む。敷地面積約8万平米に店舗面積約5万平米の施設を整備。2層または3層を中心としたオープンモールで、約200店の出店を予定している。 (続く)

  • 東京建物他 「Brillia 代々木公園 CLASSY」事前案内会を実施 マンション・開発・経営

    東京建物と住友商事は、東京都渋谷区富ヶ谷1丁目で開発中の「Brillia 代々木公園 CLASSY」について、2月18日から同ゲストサロンでモデルルーム事前案内会を行う。富ヶ谷1丁目に建つ地上19階、総戸数195戸の免震タワーレジデンスで、昨年9月に物件ホームページ開設以来、資料請求件数は4500件にのぼっている。 (続く)

  • 首都圏1月マンション供給、低調で推移 不動産経済研 マンション・開発・経営

    不動産経済研究所の調査によると、17年1月の首都圏新築マンションの供給戸数は1384戸(前年比7.4%減)となり、11年1月以来の低水準となった。初月契約率は61.6%となり、供給、契約率共に低調に推移した。 1戸当たりの平均価格は6911万円(同24.1%上昇)となり、91年6月以来の高水準となった。同研究所は、「供給数が少ない状態に、高額物件が多く供給されたため (続く)

  • 3月からマンション用全館空調システム実証実験 地所レジなど 総合

    三菱地所レジデンス、メックecoライフ、三菱地所ホームは3月下旬から、同社マンション用全館空調システムをさらに普及させるため、快適性と導入コストの低減をより追求する新商品の開発に向けた実証実験を開始する。 2006年以降、三菱電機と協力し、同様のシステムを採用してきたが、今回、東京都文京区内の住戸を利用し、二重床の床下空間で通気を行う新しい仕様により実証実験する。天井空間の空調ダクトの代わりとすることで、設計時のダクトルートの検証や、施工時のダクト工事を削減して、コスト低減に期待できるという。   (続く)

  • 銀座六丁目の再開発ビル「GINZA SIX」竣工 再開発組合 マンション・開発・経営

    銀座六丁目10地区市街地再開発組合は2月1日、東京・銀座六丁目の再開発ビル「GINZA SIX」の竣工式を開いた。松坂屋銀座店の跡地など約1・4ヘクタールの敷地で再開発した。地下6階地上13階建て延べ床面積14万8700平方メートルに商業、文化・交流、オフィスの各施設機能を誘致した複合ビ (続く)

  • 駅前住宅プロジェクトを横浜市が第1号認定 相鉄不 マンション・開発・経営

    相鉄不動産が横浜市西部の相鉄いずみ野線南万騎が原駅周辺で進めているリノベーションプロジェクトが横浜市の「よこはま多世代・地域交流型住宅認定制度」の第1号として認定された。介護が必要な高齢者や子育て世代などが安心して地域で居住できるよう、介護・医療や商業、サービスなどの各施設の調和のとれた民間事業者による住宅まちづくりに対して認定する。 同プロジェクトでは、駅前の敷地に「賃貸マンション・認可保育園・学童保育」「サービス付き高齢者向け住宅・デイサービス・訪問介護事業所」の複合用途施設のほか、分譲マン (続く)

  • 国分寺駅近くに分譲マンション494戸 地所レジなど マンション・開発・経営

    三菱地所レジデンス・東京建物・大栄不動産は、東京都国分寺市で開発中の分譲マンション「ザ・パークハウス国分寺四季の森」のモデルルームを2月11日にオープンし、3月下旬から販売する。総戸数494戸、3LDKから4LDK(平均面積74平方メートル超)などを配置し、価格は4200万円から。 JR中央線「西国分寺」駅徒歩10分、同「国分寺駅」徒歩13分の敷地1万9000平方メートルに立地。国分寺駅北口では大規模な再開発ビルや駅前広場の整備計画が進行中で、周辺の都市機能の更新と交通環境の改善に期待されている。 &nb (続く)

  • 4月に宝塚市内で有料老人ホーム開設 オリックス・リビング マンション・開発・経営

    オリックス・リビングは、17年4月に住宅型有料老人ホーム「グッドタイムリビング宝塚逆瀬川」をオープンする。同社の有料老人ホームとして兵庫県内で7年ぶり、宝塚市内では初の開設。歌劇の町「宝塚」の華やかで気品あるイメージを内装デザインに取り込む。 規模はRC造4階建て延べ床面積3247平方メートル、居室 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています