お知らせ
第2回宅建マイスター認定試験
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

賃貸・地域・鑑定記事一覧

  • サービスのイメージ図

    管理会社向け入居者管理アプリ提供開始 ファミリーネット・ジャパン 賃貸・管理

    ファミリーネット・ジャパンは、入居者との円滑なコミュニケ―ションをサポートするクラウド型アプリケーションサービス「おへやアプリ」(TM)を賃貸管理会社や社員・学生寮の運営管理受託会社など向けに提供を開始する。 サービス内容は、入居者サイト(スマートフォンアプリ、パソコン)とそのサイトを簡便に設定変更できる管理画面がセットになる。導入すれば、バックオフィス機能の業務を効率化できるという。例えば、画面を通じて入居者に情報を発信でき、電話や来店してもらわなくても、更新や退去の手続きができる。同社の試算によると、管理物件が4000戸の場合に1戸当たりの月額費用は約50円となる。 (続く)

  • 新CMの1場面

    新CMにHKT48の指原莉乃さん起用 ハウスメイト 総合

    ハウスメイトパートナーズは、イメージキャラクターにアイドルグループでHKT48の指原莉乃さんを起用した新テレビCMの放送を12月16日から開始する。 グレーのスーツを着用した社員役の指原さんが、忍者ファミリーの要望に応えて部屋探しを手伝うというストーリー。今回、ブランドスローガンも刷新させ、より身近に相談しやすい店舗づくりの目標をコマーシャルを通じて伝える。12月15日から2018年3月 (続く)

  • 屋内での視聴イメージ

    実物大3D建物プレゼンを開始 大東建託 総合

    大東建託は12月から、全国の建築事業部17カ所でマイクロソフト社製のゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ「ホロレンズ」を配備する。実物大の3D建物を用いたプレゼンテーションで利用を開始。現地や屋内(30分の1スケールに縮小)でも立体的に確認できるため、現地見学会などの際に土地オーナーとプランイメージを共有化しやすくする。   (続く)

  • 管理業務主任者試験の受験者約1・7万人 マンション管理業協会 総合

    マンション管理業協会は、12月3日に全国8試験地・18会場で実施した、2017年度管理業務主任者試験の受験状況をまとめた。申し込み者2万98人に対し、実際の受験者は1万6950人となり、受験率は84・3%だった。昨年度の受験率83・7%を上回った。合格発表は18年1月19日に全受験者に対して郵便で合否を通知する。 (続く)

  • 東京・豊島のUR賃貸住宅をサブリース 東急住宅リース 賃貸・管理

    東急住宅リースは、UR都市機構が所有する都心高額賃貸住宅「アーバンライフ目白駅前」と「アクティ上池袋」(いずれも東京都豊島区内)の2物件について、入札で運営事業者に決まった。18年2月1日から10年間のサブリース契約を締結する。 運営(経営)と共用部・専有部の修繕と維持管理などを担う。譲渡に係る優先交渉権も付与されている。同社がUR都市機構所有の賃貸住宅をサブリース契約するのは初めてという。   (続く)

  • 老後の暮らしを考えるセミナー12月15日開催 ウスイホーム 総合

    ウスイホームは、12月15日に同社馬堀海岸店(神奈川県横須賀市)で、「老後を自宅で安心・安全に暮らすための無料セミナー」を予約先着20人限定で開催する。参加費無料。 1部では、認知症高齢者の対応や介護予防の方法などを看護師が紹介するほか、認知症の薬の種類や注意点について薬剤師が解説。2部では、同社担当者がバリアフリーリフォームの事例や費用を紹介する。 (続く)

  • 管理物件の一つ(アレン市内)

    米国ダラスに新拠点 スターツコーポレーション 総合

    スターツコーポレーションは、スターツグループの海外ネットワークの新たな拠点として、米国テキサス州ダラスに現地法人を設立し、営業を開始した。米国内ではハワイ、グアム、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンノゼに続く6カ所目となる。現地法人の業務では、保有する戸建て住宅の管理や、日本の国際事業本部と連携して賃貸と売買の仲介、投資用物件の購入サポートに注力する。 (続く)

  • 賃貸仲介店舗「スマイルプラザ春日原店」移転 三好不動産 賃貸・管理

    福岡を基盤に事業展開する三好不動産は、賃貸仲介店舗の「スマイルプラザ春日原店」を12月1日に近隣地へ移転する。新しい所在地は、福岡県春日市春日原北町3の17。 (続く)

  • アパマンショップ小倉店を移転 不動産中央情報センター 賃貸・管理

    不動産中央情報センターは、アパマンショップ小倉店を12月1日に移転オープンする。北九州市小倉北区小文字通りから平和通りに移転。同日から12月26日まで、来店者に地元店舗の洋菓子などをプレゼントするオープニングキャンペーンを実施 (続く)

  • 施工イメージ

    壁紙サービスに人気アニメのコンテンツ追加 エイブルリフォーム 賃貸・管理

    エイブルリフォームは、一枚からオリジナル壁紙が製作できるサービス「プリカベ」のプレミアムコースに、人気アニメ「ガールズ&パンツァー最終章」とコラボレーションした壁紙コンテンツを追加し、施工販売を開始した。空室対策としても効果の実績があるという。   (続く)

  • 「BUREAU水天宮」外観

    水天宮に初のサービスアパートメント パナホーム 賃貸・地域・鑑定

    パナホームは12月上旬、東京都中央区で同社初のサービスアパートメント「BUREAU(ビュロー)水天宮」をオープンする。訪日外国人観光客やビジネスにおける長期滞在者からの需要などを見込んでいる。 同サービスアパートメントは東京メトロ半蔵門線水天宮駅から徒歩4分の立地にある建物で、鉄筋コンクリート造・地上10階 (続く)

  • 低価格帯賃貸住宅の一般媒介で業務提携 エイブル 総合

    エイブルは、レジデンシャル・サービス・ジャパンなどが全国で運営する1001棟(9万9005戸)の旧・雇用促進住宅をリブランディングした「ビレッジハウス」の一般媒介について業務提携し、全国のエイブル店舗で賃貸仲介の紹介を開始した。 ビレッジハウスは、低価格帯の賃貸住宅市場の新たな供給先として、高齢者や生活保護受給者、シングルマザー、保証人のいない外国人などの入居を積極的に受け入れている。 (続く)

  • ハウスマイル 「バーチャル内見」のテレビCM、18日から 賃貸・地域・鑑定

    不動産賃貸VR(仮想現実)サービスを提供しているハウスマイル(徳島県徳島市)は、11月18日から四国放送で、テレビCM「バーチャル内見」編を放送する。同社がホームページやVR賃貸サイトで360度動画を使用して賃貸物件を紹介する「バーチャル内見」を広くPRするためのもの。同社は15年から同サービスを導入し、これまでの不動産VR撮影・制作数は1800点以上だという。 (続く)

  • 外国人入居者など向けに海外送金サービス レオパレス21 総合

    レオパレス21は11月20日から、海外送金代行サービス「トランスマン」を入居者をはじめとしたステークホルダー向けに提供を開始する。留学生など、増え続ける外国人入居者などの利便性を高めるのが狙い。 同サービスはNVI(東京都中央区)が運営しており、国内送金代行サービスを運営するJPLinks(宮城県仙台市)と業務提携して販売する。この販売先第一号がレオパレ (続く)

  • 店舗情報などを一覧で紹介している

    東京・駒沢の魅力伝える案内マップ配付 明和住販流通センター 総合

    明和住販流通センターは、東京・駒沢エリアの魅力を紹介する「もっと駒沢が楽しくなるマップ」を制作し、同社駒沢大学駅前支店(東京都世田谷区)で無料配布を開始した。 以前から同社では地元主婦スタッフと共に、地元でおすすめの店舗やイベントなどを伝える地域サイトとして、駒沢・三軒茶屋・自由が丘の各エリアを開設。今回、手に取って楽しめるように「案内マップ」を取材から撮影、地図作成まですべてオリジナルで作成した。QRコードから各店舗の詳細が分かるようにもなっている。 (続く)

  • 導入イメージ

    AIスピーカー搭載スマート端末を新築全戸に レオパレス21 総合

    レオパレス21は、グラモ(東京都豊島区)が開発中のAI(人工知能)スピーカーを搭載したスマートステーション端末を2018年1月の契約物件から新築全戸に標準装備する。年間約1万戸を導入する見込み。 同端末は、AI音声認識スピーカー機能に加え、既に標準搭載しているスマートロック(電子錠)との連携、家電制御、AIスピーカーの音声サービス、センサーと連携する住環境の自動制御を可能とする。 (続く)

  • 海外投資家所有の同社賃貸管理戸数が前年比2倍 東急住宅リース 賃貸・管理

    東急住宅リースは、海外投資家が首都圏・関西圏で購入した不動産で、同社の今期の累計賃貸管理戸数が対前年比で2倍になる見込みと発表した。 投資用不動産の間取りは2LDKから3LDKのファミリータイプが多く、関西圏ではタワーマンションが人気で、今期はマレーシアの投資家が所有する賃貸管理戸数が増えているという。不動産価格が高騰する香港やシンガポールなどの投資家は日本の不動産に対する投資ニ (続く)

  • 沿線の空き家借り上げ・活用事業で京急と業務連携 KT 賃貸・管理

    不動産オークションなどのウェブサービスを展開するKT(東京都渋谷区、松山英明代表取締役)は11月13日、京浜急行電鉄沿線の空き家問題の解決を目的として、京急電鉄と業務連携すると発表した。 具体的には、京急電鉄が3月に開始した新サービスで、空き家・空室物件のオーナーから物件を借り上げてリノベと転貸する「カリアゲ京急沿線」にKTが協力。KTの展開する不動産取引プラットフォーム「みなートクPRO」に加盟する、同沿線周辺の不動産業者に同サービスの窓口を開設して、利用の促進を図るという形だ。 KTは10月にも、小田急電 (続く)

  • 家賃支払いでセゾンカード利用可能に 東急住宅リース 総合

    東急住宅リースは管理受託する一部のマンション(22棟1402棟)の入居者を対象として、業務提携するクレディセゾン提供の「家賃保証サービス」を利用できるようにした。 入居者はクレディセゾンと保証委託契約を締結するため、連帯保証人の必要なく賃貸借契約を結べる。セゾンカードで保証料や家賃を支払う場合、1000円ごとに永久不滅ポイントが1ポイント貯まる。 (続く)

  • 内観イメージ

    都市部単身向けRC4階商品を販売開始 大東建託 マンション・開発・経営

    大東建託は、都市部の単身世帯向け4階建て鉄筋コンクリート造の新商品「LIGNO」(リグノ)の販売を開始した。差し込み式可動棚や可変間取りを採用して室内レイアウトの自由度を高めたのが特長。同社の従来シリーズよりも居室部分の床スラブを厚くし、遮音性能も向上させた。初年度の販売目標を100棟に設 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています