お知らせ
ゼロから宅建士スタートブック
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

総合記事一覧

  • 総務省のオブザーバーを招いた研究会

    国交省・土地基本調査研究会 土地調査、精度向上へ 空き地活用で見直し急ぐ 総合

    国土交通省は6月14日、18(平成30)年土地基本調査とそれ以降の同調査の精度向上、設計上の課題解決に向けて調査手法や調査事項等を検討する「土地基本調査に関する研究会」(座長・清水雅彦慶応大名誉教授)の2回目会合を開いた。93(平成5)年から5年ごとに実施されている同調査は、全国の法人における土地・建物、全国の世帯における土地の所有、利用等の実態を調べ、土地の利活用に役立てることを目的にしている。政策課題としても浮上した空き地の利用促進に資することも課題として検討に取り組んでいる。 国交省土地・建設産業局の佐竹企画課長が冒頭、閣議決定された土地白書について報告し、空き地を巡る国の取り組みなどにも言及。佐竹課 (続く)

  • 首都圏不動産公正取引協議会・中井加明三会長

    「おとり広告」撲滅へ 首都圏公取ネット掲載停止を報告 総合

    首都圏不動産公正取引協議会(中井加明三会長)は6月14日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで定時社員総会を開き、16年度事業報告と決算を承認すると共に、17年度事業計画を報告した。 事業報告の中では、「公取協通信」の発行や「公正表示ステッカー」の頒布のほか、公正競争規約研修会の開催などについて報告。新たな取り組みとして、インターネット広告による「おとり広告」等の重大違反の撲滅を推進するための施策を17年1月から開始。厳重警告・違約金措置を講じた加盟事業者に対して、協議会が設置した「ポータルサイト適正化部会」 (続く)

  • マンション管理業協会・岡本潮理事長

    役割の評価と信頼を 管理協・岡本新理事長 総合

    マンション管理業協会(岡本潮理事長=写真)は6月13日、東京・新橋の第一ホテル東京で定時総会を開き、16年度事業報告・決算などを承認した。また、石崎順子氏(大和ライフネクスト社長)を新たに副理事長に選任し、副理事長は8人となった。 5月に理事長に就任した岡本氏は懇親会の冒頭、「マンションストックが633万戸を超え、居住者が1300万人となった。居住者と建物の二つの老いが進み、 (続く)

  • 日本賃貸住宅管理協会・末永照雄会長

    管理士国家資格化へ 日管協 総合

    日本賃貸住宅管理協会(末永照雄会長)は6月13日、17年度会員総会を東京・元赤坂の明治記念館で開いた。会合には810人余が参加し、委員会活動の報告や、ジャーナリストの櫻井よし子さんの記念講演を聴講した。 末永会長(写真)は、昨年9月の賃貸住宅管理業者登録制度の改正に触れ、「 (続く)

  • 日本ビルヂング協会連合会・高木茂会長

    活躍の場広がる ビル協連合会 総合

    日本ビルヂング協会連合会はこのほど、76回目の定時総会をホテルグランヴィア京都で開き、29年度事業計画などを決めた。 高木茂会長(写真)は、「全国主要都市で空室率や賃料水準に好転の兆しが見受けられるようになってきた。この状況が持続していくことを期待している。一方で政府の進める『働き方改革』、IoTや人工知能、ビッグデータなど革 (続く)

  • 再開発コーディネーター協会・日端康雄会長

    制度の改革を推進 再開発コーディ協 総合

    再開発コーディネーター協会(日端康雄会長=写真)は6月12日、東京・霞が関の東海大校友会館で通常総会を開き、議案を原案通り承認した。情報交換会で日端会長は、昨年9月に協会視察団として欧州のロンドン、ハノーバー、ベルリンを訪問した話を題材に次のように語った。 ハノーバーは非常に懐かしい街だ。40年前、日本に地区計画制度を導入したとき、ドイツから来てもらった3人の専門家 (続く)

  •  日本ツーバイフォー建築協会・市川俊英会長

    着工・シェア最高に 2×4建築協 総合

    日本ツーバイフォー建築協会(会長・市川俊英三井ホーム社長=写真)は6月15日、都内で定時社員総会を開催した。総会では市川会長や現職の副会長らが再任されたほか、17年度の事業計画として、「『枠組壁工法建築物設計の手引』等の改訂」や「工法普及事業の実施」など、5点を重点項目と決めた。 総会に続いて (続く)

  • 省エネ法で説明会 7~8月に主要都市で 総合

    国土交通省は7月3日から8月31日にかけて、建築物省エネルギー法フォローアップ説明会を全国主要都市で無料で開く。今年4月の「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」(建築物省エネ法)施行に伴い、省エネ基準への適合や省エネ計画の届出が義務付けられた一定規模以上の建築物を新築、増改築する建築主が対象。同法の概要 (続く)

  • 13年に訪日外国人客が1000万人を初突破

    地域が変わるインバウンド(1) 交流人口増加がもたらす恩恵 新たな風もたらす〝訪日観光〟 総合

     インバウンドとは、日本へ訪れる外国人旅行のことで、ここ数年で大幅に伸びているマーケットだ。13年12月に年間の訪日外国人が1000万人に達して以降も急増を続け、昨年は2400万人になった。政府の目標は20年には4000万人を掲げていて、不動産業界にもインバウンドの風が吹きつつある。   (地域インバウンドコンサルタント 此松武彦)

  • サラリーマンの働き方が変わる

    ニュースが分かる! Q&A 副業とオフィス需要の関係は? プラス作用も企画能力カギに ニュースが分かる!Q&A

    父親最近、従業員の副業を認める会社が増えているらしいね。父さんが現役サラリーマンの時には考えられなかったなあ。 息子まだ、ごく限られた会社だけだとは思うけれど。副業と (続く)

  • 都市機能の更新が進む市役所筋

    一般財団法人日本不動産研究所(6) 全国市街地の変遷 ――昭和の記憶から次代へ 岡山市岡山駅周辺を核に再生事業進む 新幹線延伸と駅南区画整理が大きな契機 発展し続ける街へ基盤づくり 全国市街地の変遷

    戦災復興の名残も 岡山市は岡山城下町、明治から戦前、戦後から現在と3つの時代を経て今日に至る。 1945年6月29日、大空襲によって市街地の大部分が消失し、戦災復興によって新たな街として蘇った。その特徴的な名残として、当地で今も呼ばれている「衛生道路」なる通路が市街地の (続く)

  • 不動産・住宅スケジュール 不動産・住宅スケジュール

    6月20日(火) ◎日本不動産鑑定士協会連合会が定時総会を開催(東京都港区、八芳園) ◎日本ビルヂング経営センターがビル経営研究セミナー「ビル賃貸借契約における基本知識と法的留意点について」を開催(東京都千代田区、三菱ビル10階グランド) 6月21日(水) ◎全日本不動産協会が定時総会を開催(東京都千代田区、ホテルニューオータニ) 6月22日(木) ◎関西大学が「安全・安心に関わる科学技術の最前線『最新の防災科学技術例―自然科学と社会科学』」を開催(東京都千代田区、関西大学東京センター) 6月23日(金) ◎不動産適正取引推進機構が講演会「高齢者や外国人の不動産取引、不動産取引における守秘義務」を開催(東京都文京区、すまい・るホール) ◎再開発コーディネーター協会が「事業関係説明会(再開発事業・マンション建替事業)」を開催(大阪市北区、天満研修センター)。28日(水)に福岡、7月7日(金)

  • 大言小語 天才、おそるべし 大言小語

    昨年9月小欄に中学生棋士誕生の話題を載せた。まさに天才棋士であり、将来が嘱望される存在であると。それから10カ月近く経ち、その (続く)

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています