お知らせ
中古でリノベで新たな顧客を獲得して収益UP!

庶事 万感 ◇13 自然と融合すれば心が落ち着く 〝木の文化〟を広める

この記事を読むのに必要な時間:約3分

〝新しい〟ということの価値が、「きれいで、ピカピカしていて、未使用で、設備が最新で、これから何年も住むことができる」ということであるなら、その価値は年月の経過と共に減少していく。砂時計の砂が下に落ちていくように――。 〝古さ〟を生かす 東京R不動産代表ディレクターの吉里裕也氏は10月27日に開かれた空き家問題に関する講演会で(5面記事参照)、「古いもののほうが、新しいものよりも価値があるのではないかと感じることがしばしばある」と述べた。同社は築年数を経て放置されているような古い建物を改修することで現代風によみがえらせ、借り手 (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

連載「庶事 万感」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています