お知らせ

2017宅地建物取引士受験セミナー (33)

この記事を読むのに必要な時間:約7分

【問題4-11】 平成29年6月1日からAがB所有の甲地を賃借して乙建物を所有している場合に関する次の記述のうち、借地借家法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 (1)AB間で契約を更新した後に、借地上の乙建物が滅失した場合、Aは原則としてBの承諾がなければ、残存期間を超えて存続する建物を再築することができない。 (2)Aが適法にBに乙建物の買取請求権を行使すると、その所有権は直ちにAからBに移転するが、AはBが代金を支払うまで建物の引渡しを拒むことがで (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

連載「2017宅地建物取引士受験セミナー」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています