お知らせ
第2回宅建マイスター認定試験

「おとり広告」撲滅へ〝厳罰〟 違反業者、広告停止1カ月以上 首都圏公取協 17年1月から開始

この記事を読むのに必要な時間:約2分

首都圏不動産公正取引協議会(首都圏公取協)は11月16日、「おとり広告」(今週のことば)の撲滅を強力に推進するため、不動産の表示に関する公正競争規約に違反し、厳重警告および違約金課徴の措置を講じた不動産事業者に対して更なる施策を始めると発表した。 措置処分を受けた事業者について、同協議会に設置した「ポータルサイト広告適正化部会」の構成会社が運営する不動産情報ポータルサイトへの広告掲載を原則として1カ月間以上停止するもので、17年1月の措置から開始する。 「おとり広告」行為は重大な違反行為とされており、不動産広告の自主規制団体である不動産公正取引協議会から違約金などの措置処分を受けることになる。 首都圏公取協は、「おとり広告」などに対応するため、12年3月に不動産情報サイトを運営する会員(賛 (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています