お知らせ
住宅新報社の受験対策講座

京都の「伝建地区」で初のRC造 都市ガバナンス研、厳しい規制に「風穴」 都市ガバナンス研究所

この記事を読むのに必要な時間:約5分

「政治」の基本は「まち」にあるとの考えを基に、数多くの都市再生案件事業化やプロジェクトファイナンスなどをリードしてきた政治学者の竹井隆人氏が代表を務めるシンクタンク、都市ガバナンス研究所(京都市左京区白川)は、「豊臣秀吉とねねの寺」で有名な東山・高台寺(鷲峰山)参道で、京都市の「産寧坂伝統的建造物群保存地区」に指定されている料亭跡地再生に、同地区では初となる鉄筋コンクリート造(RC造)建設プロジェクトを導入する。木造建てしかできないとされてきた伝建地区(伝統的建造物群保存地区)でのRC造は異例。多様な構造・手法の再生事業が可能であることを示すことで、景観保全や観光・商業以外でも地域活動・活性化策の芽があることを改めて提示した。 「コーポラティブ」で開発 事業名は「祇園・高台寺コーポラティブ事業」。数年前に焼失した元料亭跡地で、登記上では高台寺の参道にあたる土地約230m2(約7

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています