お知らせ
ジ・オープン・モギ 宅建模擬試験

住環境向上セミナーに総数6361人が参加 日管協

セミナーの様子

 日本賃貸住宅管理協会(日管協)は、2017年度に実施し、今年で14回目を迎えた「住環境向上セミナー」の全国集計をまとめた。今年度は賃貸住宅オーナー4214人を含めて全体で6361人が参加。最新トピックの一つとして、国土交通省の担当官を講師に新たな「住宅セーフティネット制度」などを講演した。

 同セミナーは毎年秋に、国土交通省の支援を受けて全国47都道府県で開催している。主に賃貸住宅オーナー向けとする全国規模の勉強会となる。担当理事は、「近年は新しい行政施策が多く、賃貸住宅市場が複雑になっている。より多くのオーナーに正しい知識を今後も伝えていきたい」と話す。来年は9月下旬から順次全国で開催する予定だ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています