お知らせ

日立とサンヨーHがロボットと画像解析活用の高齢者支援を実証

(左)サンヨーホームズの屋内移動支援ロボット (右)画像解析システムのイメージ

 日立製作所(東京都千代田区、東原敏昭社長)とサンヨーホームズ(大阪府大阪市、松岡久志社長)は11月から、高齢者の生活を支援する見守りサービスの実証を開始する。
 同実証はサンヨーホームズのリハビリ施設で行われ、同社の屋内移動支援ロボットと併せて、日立のIoT技術を活用した画像解析システムによって歩行動作を解析し、フィードバックしていくというもの。高齢者の歩行パターンのデータを蓄積することで、サンヨーホームズは屋内移動支援ロボットの事業化を目指し、日立は画像解析システムを活用した高齢者見守りサービスの事業化を図るという計画だ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています