お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

中古住宅の担保評価整備、国交省が検討開始 流通活性化に向け

 国土交通省は3月6日、「中古住宅の流通促進・活用に関する検討会」の初会合を省内で開いた。

 2020年までに中古流通・リフォーム市場の倍増を目指している国交省は、近年市場の環境整備に向けた取り組みを精力的に行っている。これまでにも、住宅性能表示による性能評価やインスペクションの実施、住宅履歴情報を蓄積することの必要性などについては結論付けており、その実現に向けての更なる検討も加えている。今回の会合では、それら住宅性能(価値)を引き上げる取り組みを行った住宅について、取引価格や金融機関の担保評価に適切に反映させるにはどのようにすればよいかなどについて話し合われる。住宅・不動産関係者のほか、金融機関の担当者らも会合に加わる。

 住宅政策が担当の鶴保庸介国土交通副大臣は会合の席上、「住宅政策は、景気対策と成長戦略にダイレクトにつながる。住宅市場の活性化は、ぜひとも実現しなければならない。この会合で前進していただければと思う」と期待を述べた。

 同検討会は今後数回の会合を開き、5~6月頃をメドに報告書をまとめる予定だ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています