お知らせ
リノベ不動産

2017年12月15日ニュース記事一覧

  • 18年度税制大綱決定 買取再販の取得税減額を敷地にも拡充 政策

    自民党と公明党による与党は12月14日に、18年の税制大綱を取りまとめた。住宅不動産関連では、買取再販での住宅取得と、耐震基準を満たしていない住宅を取得後に耐震改修を行った場合の双方の特例措置で、 (続く)

  • 首都圏、ほぼ全域で強含み 11月分譲マンション賃料 マンション・開発・経営

    東京カンテイの調査(https://www.kantei.ne.jp/)によると、11月の首都圏・分譲マンション賃料は、ほぼ全域的に強含んだ影響から、前月比0・6%上昇の2661円(1平方メートル当たり、以下同)と3カ月連続で上昇した。都県別で見ると、東京都は同0・7%上昇の3174円(同)と引き続き上昇したものの、前年同月をやや下回る水準で推移している。神奈川県(2130円、同0・6%上昇)では3カ月ぶりに、築古事例が減少した埼玉県(1588円、同2・4%上昇)でも5カ月ぶりにそろって反転上昇となった。一方、千葉県(1506円、同0・2% (続く)

  • インベスターズクラウド、不特事業拡大へ新会社 投資

      インベスターズクラウド(東京都港区、古木大咲社長)は12月14日、展開している不動産特定共同事業を独立化させるため、18年1月4日付で新会社「TATERU Funding(タテルファンディング)」を設立すると発表した。同事業の拡大と提供商品の多様化を図る。  (続く)

  • 上場セレモニーが開かれた(東京証券取引所)

    アルヒ 東証一部に上場 初値は1270円 売買仲介

    住宅ローン専門金融機関大手のアルヒは12月14日、東京証券取引所市場第一部に上場した。初値は1270円だった。同社は、「住宅ローン商品をはじめ、家探しのサポートから暮らしの優待サービスまでお客さまの人生に寄り添いながら応援していく『住生活プ (続く)

  • 不動産売買サポート新会社「フィルライフ」設立 スターツなど 総合

    スターツコーポレーションとリブセンスの2社は、ITを使って不動産売買などの取引をサポートする合弁会社「フィルライフ」の設立について、合弁契約締結で合意した。2018年1月に新会社を設立する予定。 スターツグループによる不動産取引、また、リブセンスのITと不動産テックを活用した情報提供サービスといった両社のノウハウと実績を融合させ、不動産流通市場の更なる活性化を実現する。 具体的には以下の2つのサービスを提供する。(1)不動産の購入・売 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています