お知らせ
リノベ不動産

住まい・暮らし・文化記事一覧

  • 17年のリフォーム市場規模は6兆2359億円 矢野経済調べ 住まい・暮らし・文化

    矢野経済研究所は2月20日、住宅リフォーム市場に関する調査を実施し、結果を発表した。調査期間は17年10~12月。 17年第4四半期(10~12月)の市場規模は前年同期比12.9%減の1兆7300億円と推計。17年通年の市場規模は前年 (続く)

  • 2月23~25日に青森ショールームで移転記念イベント TOTO 住まい・暮らし・文化

    TOTOは2月23~25日、青森ショールーム(青森市第二問屋町1の2の4)で移転オープン1周年記念イベント「大感謝祭」を開催する。 青森ショールームは移転オープン後の来館人数が移転前と比べ約116%アップ。大感謝祭ではウォシュレット一体型便器の新商品「ネオレストNX」を特別展示。更に、トイレ・システムバスルーム・キッチン・ (続く)

  • 1月の首都圏戸建て価格、新築、中古共に大きく上昇 東京カンテイ 売買仲介

    東京カンテイ(https://www.kantei.ne.jp/)によると、1月の新築一戸建て(木造・所有権物件/土地面積100平方メートル以上300平方メートル以下)の平均価格は、首都圏が前月比8.1%上昇の3773万円だった。近畿圏は同0.8%上昇の2901万円、中部圏は同3.8%上昇の3015万円となり、首都圏は大きく上昇、近畿圏は連続上昇した。 中古一戸建ては、首都圏で同12.6%上昇の3430万円、近畿圏は同5.6%上昇の2466万円、中部圏は同5.4%上昇の2219万円となった。首都圏で (続く)

  • インド向けのエアコンで新省エネ基準の5機種を追加 富士通ゼネラル 住まい・暮らし・文化

    富士通ゼネラルは2月下旬から、インドのエアコン市場向けに新省エネ基準に適合したインバーターエアコン5機種を加え、全25機種としてラインアップを強化する。 追加したのは「ASGG12CGTA」「同14CGTA」「同14CLCA」「同18CLCA」「同24CLCA」の5機種。冷媒にR32を採用し、省エネ性能の向上を図ると共に、温暖化係数を低減させ、地球環境にも配慮する。 インドのルームエアコン市場は人工増加や経済発展を踏まえ、近い (続く)

  • リノベる。福島 郡山駅東口ショールーム(イメージ)

    3月10日、福島県郡山に全国32拠点目の出店へ リノベる 賃貸・地域・鑑定

    リノベる(東京都渋谷区)は3月10日に、全国で32拠点目となるショールーム「リノベる。福島 郡山駅東口ショールーム」をオープンする。エリアパートナーとして業務提携したバースランド(福島県郡山市)が、郡山市内を中心とした福島県全域 (続く)

  • 家賃債務保証付きの一括決済サービス開始 インサイト、日本瓦斯 住まい・暮らし・文化

    アクトコールの子会社であるインサイトは2月13日から、日本瓦斯と提携し、賃貸不動産オーナーを対象に家賃債務保証サービスの提供を開始した。 同サービスはインサイトと日本瓦斯が保証会社と共同で開発。家賃債務保証の初期費用を軽減、入居者が支払う家賃とガス料金をまとめて決済するもの。 不動産物件の入居者が入居時に支払う保証料を一般的な水準の半額程度に抑えることが可能。入居者の初期費用負担を軽 (続く)

  • 3月9日に空き家対策などテーマにトークセッション コノカフェ西荻 住まい・暮らし・文化

    「面白人(おもしろびと)」トークセッションが3月9日、コノカフェ西荻(東京都杉並区今川4-8-21)で開かれる。このトークセッションはユニークで面白く、魅力的な人物を招き、酒やお茶を飲みながら面白さを共有する会。今回はエンジョイワークスを07年に創業し、不動産会社、一級建築士事務所、カ (続く)

  • 8割以上が住宅の売却資金で買い替え先の購入希望 スマイスター調べ 住まい・暮らし・文化

    不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するシースタイルは2月13日、「スマイスター」を利用した住宅売却検討者対象に「住まいの買い替え」についての調査を実施し、公表した。 「売却理由は買い替えか」の設問に対して、29.0%が「はい」と回答。続いて「買い替えは売却が先か、購入が先か」を尋ねると、「売却が先」が40.0%、「購入が先」が17.0%「できれば同時進行が良い」が43.0%となり、83.0%が住宅の売却資金で買い替え先を購入したいという意図を持っていることが分かった。 調査期間は17年12月1 (続く)

  • リビタ、仙台でリノベ事業を手掛けるエコラと業務提携 営業・データ

    リビタ(都村智史社長)は2月13日、宮城県仙台市を中心にリノベーション事業を展開するエコラ(百田好徳社長)と業務提携したと発表した。これにより、エコラの仙台エリアにおける知見や情報と、リビタの一棟建物における複合用途のリノベーション・コンバージョンのノウハウやコミュニケーションマネジメントのノウハウを活用して連携を図り、エリア活性へ寄与していく。また、リビタは今後 (続く)

  • 3月に3省連携でZEH等支援事業の合同説明会 全国6都市で 政策

     国土交通省と経済産業省、環境省は3月1日から14日にかけて、全国6都市で「ZEH等3省連携事業合同説明会」を開催する。対象はネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)などの供給に携わるハウスメーカーや工務店のほか、住宅設備や建材メーカーなどZEH建築に関わる事業者など。18年度に実施予定のZEHに関する支援事業につ (続く)

  • 9日から松山市で地方創生プロジェクトをサポート エイブル&P 売買仲介

    エイブル&パートナーズは地方創生を目指すプロジェクト「JAPAN DESIGN WEEK」の特別協賛パートナーとして、2月9日から12日まで愛媛県松山市で開かれる「MATSUYAMA DESIGN WEEK」のサポートを行う。同プロジェクトは17年10月の奈良県飛鳥地域をはじめ、青森県弘前市や神奈川県藤沢市などで開催されており、同社は昨年に引き続きサポートする。 同イベントでは、松山市の市花である「やぶ椿」をロゴモチーフとし、「花」をテーマとしたコンテンツを展開。市内の商店街などを中心に、様々な (続く)

  • ナイス、2月16~18日にビッグサイトで住まいの博覧会 総合

      ナイスは2月16~18日の3日間、東京ビッグサイトで「住まいの耐震博覧会」「木と住まいの大博覧会」を開く。「耐震」「省エネ」「健康」「木材活用」「IT」をテーマに、一般消費者やプロユーザー向けに、100を超える企業が様々な製品やサービス、情報を展示・公開する。大地震に耐える安心・安全な住 (続く)

  • 18年、買って住みたい街1位は「戸塚」 ライフル 賃貸・管理

    ライフルが発表した「2018年首都圏版LIFULL HOME‘s住みたい街ランキング」によると、「買って住みたい街」ランキングは前回4位の戸塚が1位になった。2位は目黒、3位は八王子となり、前年同様、「脱都心」傾向が継続し、再開発などに伴う大型物件が分譲されたエリアの駅が上位に登場した。一方、「借りて住みたい街」では、池袋が2年連続で首位。2位川崎、3位中野と続いた。 調査期間は17年の1 (続く)

  • まちづくりで岡山県備前市と協定を締結 ミサワホームグループ 住まい・暮らし・文化

    ミサワホーム、ミサワホーム総合研究所、ミサワホーム中国は2月6日、岡山県備前市と「まちづくり包括連携に関する協定」を締結した。 ミサワホームは備前市に生産工場を所有しており、ミサワホーム総合研究所、ミサワホーム中国と共に備前市との間でまちづくりについての意見交換を行ってきた。その過程で備前市のビジョンに賛同し、今回の協定に至った。 締結を契機に生活・住環境の (続く)

  • 2月6日、すまい・るホール(東京都文京区)で新制度の説明会が開かれた

    リノベ推進協 「安心R住宅」制度に団体登録、9都市で説明会開催へ 住まい・暮らし・文化

    リノベーション住宅推進協議会(東京都渋谷区、山本卓也理事長)は、4月から開始する国土交通省の告示による「安心R住宅制度(特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度)」に事業者団体として登録した。同協議会では、従来から推進している優良なリノベーションの基準である「適合リノベーション住宅(R住宅)」と新制度の両方を推進していくことで、既存住宅の流通活性化を目指す。 2つの制度の理解を深めるため、2月6日に東京会場で開かれた説明会を皮切りに全国9都市で順次開催していく。今後の予定は、8日仙台、9日札幌、13日名古屋、15日広島、16日大阪、20 (続く)

  • 2月10日に「住まいの情報館平塚駅前店」をオープン セコムHL 売買仲介

    セコムグループで不動産事業を展開するセコムホームライフ(東京都渋谷区、山下英一社長)とマンション管理事業を手掛けるホームライフ管理(同)は2月10日、神奈川県平塚市のJR平塚駅徒歩3分の立地に「住まいの情報館平塚駅前店」をオープンする。 両社は「安全・安心」を軸としたセキュリティマンション「グローリオマンションシリーズ」の開発・販売をはじめ、仲介やリノベーション、リフォーム、マンション管理などのサービスを提供。同新店舗は住まいに関する悩みごと全般の相談場所として、通常の個別相談のほか、ファイナンシャルプランナー相談やセミナーの受講なども行える。 (続く)

  • スウェーデンハウス オリコン顧客満足度調査で総合1位 住まい・暮らし・文化

      スウェーデンハウスは、このほど発表された「18年オリコン顧客満足度調査 ハウスメーカー 注文住宅」において4年連続で総合1位を獲得した。 内容は14の調査項目のうち12項目で1位を獲得。男性、女性からの評価ではそれぞれ1位、築年数別2-6年以内、7-10年以内でも1位を受賞。品質と価値のバランスを示す「金額の納得感」でも3位と高い評価を得た。 今回の調査は過去12年以 (続く)

  • カチタス ニトリ製の家具付き中古住宅の提供・販売を開始 売買仲介

    カチタス(群馬県桐生市)は、2月1からニトリ製の家具・インテリア付き住宅の提供・販売を開始した。ニトリホールディングス(北海道札幌市)との業務提携施策として検討してきたもので、入居後の生活や居住空間をより具体的に顧客にイメージしてもらう狙いがある。第1号は、群馬県太田市 (続く)

  • ヒートアイランド緩和の窓用フィルム製品を発売 エービーシー商会 住まい・暮らし・文化

    エービーシー商会は2月1日、太陽の熱線を空へ反射する窓用の熱線再帰フィルム「ソラリフレ」を発売した。 同製品は特殊な反射膜を持った窓用の透明遮熱フィルム。反射膜は日射に含まれる熱線(近赤外線)だけを選択して上方向に反射。ヒートアイランド現象の要因の一つである建物からの熱線反射による地表 (続く)

  • 三井不リアル ハワードヒューズとハワイの高級住宅販売で業務提携 売買仲介

    三井不動産リアルティ(東京都千代田区)は2月1日、ザ ハワード ヒューズコーポレーション(米国テキサス州)と、ハワイ州の高級レジデンスの販売サポートについて業務提携契約を締結したと発表した。これにより、同社はハワイ州オアフ島で開発が進む7万3000坪の大規模複合再開発プロジェクト「ワードビレッジ」内に建つ5棟のレジデンスタワーの購入を検討している国内の顧客に対し、ワードビレッジの紹介や購入に向けたサポートを行う。 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています