お知らせ
中古でリノベで新たな顧客を獲得して収益UP!

知って得する建物の豆知識 建築情報サイト いわば最新のネタ帳 224

この記事を読むのに必要な時間:約3分

建築を設計するには構造的な問題や設備の最適性、法規的な規制のクリア、建物全体のイニシャルとランニングを考慮した経済性など多くの要件を考慮して最適な解を得る必要があります。中でも意匠性(デザイン)については、最も分かりやすい要素であるため、社会性やシンボル性を含めたデザインをする必要があります。 日本の建築界は江戸末期・明治時代から常に西欧建築の模倣や改良を施したデザインを行ってきたため、伝統的な建築からの発想より、いかに他の建築家よりも速く海外デザイン情報を得るかということを重視してきました。 した (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

連載「知って得する建物の豆知識」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています