お知らせ
中古でリノベで新たな顧客を獲得して収益UP!

2017宅地建物取引士受験セミナー (31)

この記事を読むのに必要な時間:約7分

【問題4-1】 18歳のAが自己所有の宅地について制限行為能力者でないBと親権者Cの同意を得ずに売買契約を締結した場合(売買代金2,000万円)に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、Aは受領した売買代金のうち、10万円を生活費に充てたものとする。 (1)Aが未成年者であり、Cの同意を得ずに当該契約を締結したことをBが過失なく知らなかった場合でも、Bは当該売買契約を取り消すことができない。 (2)Aが行為能力の制限を理由に取り消した場合、BはAに対して売買代金全額2,000万円の返還を請求することができる。 (3)Aが19歳で婚姻した場合、Aは当 (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

連載「2017宅地建物取引士受験セミナー」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています