お知らせ
家族の幸せと財産をつなぐ不動産コンサルティング

無電柱化低コスト化手法 直接埋設など基準緩和 国交省 検証実験で影響測る

この記事を読むのに必要な時間:約2分

国土交通省はこのほど、「無電柱化低コスト手法技術検討委員会」を開き、土木研究所などで実施した電力ケーブルなどを様々な方法、深さで埋設した試験結果を発表した。 それによると、まず、ケーブルの小型管(150ミリ未満)、大型管(150ミリ以上)、小型ボックスを埋設したところ、舗装に及ぼす影響は埋設深さを考慮した条件であれば、問題がないことが分かった。 光ケーブルの通信性能についても問題はなかったが、防護管を使用しないものでは通信品質に影響が出た。防護管 (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています