お知らせ
住宅新報社の受験対策講座

マンションの〝シェアハウス化〟 管理協規約の不承認事由として明確に

この記事を読むのに必要な時間:約2分

専有面積が60m2台の都内の区分所有マンションの1室を10数人が入居できるシェアハウスに改築しようとした事例を毎日新聞が報道して以来、その対策は管理組合やマンション管理業界の新たな問題として浮上している。そうした事例が今後急増するとも思えないが、仮に出てきた場合、管理組合や管理会社はどう対応したらいいのか、頭の痛い問題となり始めている。 国土交通省は7月19日付で土地・建設産業局不動産業課長名で、「建築基準法違反のある『違法貸しルーム』に係るマンション管理業者の関与について」というマンション管理業界理事長宛ての要請を出した。 内容は、「オフィス、倉庫等の用途に供していると (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています