お知らせ
第2回リゾートライフフェア 2018年3月6日開催!

IoT活用でゲート式駐車場管理システムを開発 akippaとアート

 駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(大阪市西区、金谷元気社長)は5月9日、株式会社アート(東京都品川区、関本祥文社長)と共同でIoTを活用したゲート式駐車場コントロールシステム「シェアゲート」の開発を発表した。シェアゲートは駐車場出入口のゲート機器に取り付ける端末。駐車場利用者はゲートを通過する際、akippaアプリからブルートゥースで接続するか、テンキーで暗証番号を入力するだけでゲートの開閉が可能となる。
 akippaでは、通常20万円するブルートゥース、テンキー端末導入費用と取り付け設置費用5万円を18年中に導入するオーナーには無料とし、シェアゲートの浸透を加速させる考えだ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています