お知らせ
ジ・オープン・モギ 宅建模擬試験

鹿児島市が「星ヶ峯みなみ台」で実施した定借事業。エンドユーザーから高い支持を得た。民間企業とのタイアップで豊富に情報発信できたことも成功要因だ

定借、郊外に可能性 認知度向上がカギに 官民共同で積極展開

 定期借地制度が設けられてから20年以上が経過した。「所有権」にはない魅力を持った住宅を供給できるとして、一時期は年間供給7000戸(民間)レベルに拡大したものの、最新調査では年間760戸にまで減少している(都市農地活用支援センター、定期借地権推進協議会調べ)。ただ、全国を見渡せば、定借利用により停滞していた販売活動が改善した事例もある。特に郊外エリアで力を発揮しそうだ。今後の定借住宅の普及・拡大のカギを探った。  続きを読む >>

政策

11月12日号

政策

マンション・開発・経営

総合

賃貸・管理

売買仲介

資格・実務

投資

営業・データ

住まい・暮らし・文化

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています