お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

家賃債務保証業者登録制度のイメージ※国土交通省資料より

家賃債務保証業、登録制を検討 保証内容説明など課題山積 住金機構保険の優遇も

 アパートやマンションの賃貸借契約を締結する際、従来は親族に連帯保証人を頼むのが一般的だったが、現在、賃貸借契約全体の約6割が家賃債務保証会社を利用している。また、高齢者など住宅確保要配慮者や外国人など保証人の確保が困難な人もいて、その傾向に拍車がかかっている。ただ保証業者も千差万別で、業界団体の自主ルールはあるものの、その団体自体に入っていない業者も数多いのが実情だ。そこで、国は、一般消費者や住宅確保要配慮者が家賃債務保証業者の情報を手に入れやすい仕組みを作るとして、家賃債務保証業者の登録制度創設を打ち出した。その背景や問題点を追った。  続きを読む >>

政策

2月21日号

政策

人事

総合

投資

マンション・開発・経営

営業・データ

賃貸・管理

マンション管理

住まい・暮らし・文化

売買仲介

資格・実務

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています