お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

2017宅地建物取引士受験セミナー記事一覧

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (37) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題4-31】 Aは、甲県知事の登録及び宅地建物取引士証(以下「取引士証」という。)の交付を受けている宅地建物取引士(以下「取引士」という。)である。この場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下「法」という。) (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (36) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題4-26】 宅地建物取引業法の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。 (1)都市再生機構が行う住宅分譲については宅地 (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (35) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題4-21】 土地区画整理事業の仮換地の指定に関する次の記述のうち、土地区画整理法の規定によれば、誤っているものはどれか。 (1)施行者は、仮換地を指定した場合において、特別の事情があるときはその仮換地について使用又は収益を開始することができる日を仮換地の指定の効力発生日と別に定めることができる。 (2)仮換地となるべき土地について抵当権を有する者が (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (34) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題4-16】 都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 (1)用途地域のうち、第1種低層住居専用地域については、低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため都市計画に少なくとも (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (33) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題4-11】 平成29年6月1日からAがB所有の甲地を賃借して乙建物を所有している場合に関する次の記述のうち、借地借家法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 (1)AB間で契約を更新した後に、借地上の乙建物が滅失した場合、Aは原則としてBの承諾がなければ、残存期間を超えて存続する建物を再築することができない。 (2)Aが適法にBに乙建物の買取請求権を行使すると、その所有権は直ちにAからBに移転するが、AはBが代金を支払うまで建物の引渡しを拒むことがで (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (32) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題4-6】 地役権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 (1)Aが自己所有の甲地の一部につき通行目的で隣地乙地の便益に供する通行地役権設定契約を乙地所有者Bと締結した後にBが乙地をCに譲渡し乙地の所有権移転登記を経由した場合 (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (31) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題4-1】 18歳のAが自己所有の宅地について制限行為能力者でないBと親権者Cの同意を得ずに売買契約を締結した場合(売買代金2,000万円)に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、Aは受領した売買代金のうち、10万円を生活費に充てたものとする。 (1)Aが未成年者であり、Cの同意を得ずに当該契約を締結したことをBが過失なく知らなかった場合でも、Bは当該売買契約を取り消すことができない。 (2)Aが行為能力の制限を理由に取り消した場合、BはAに対して売買代金全額2,000万円の返還を請求することができる。 (3)Aが19歳で婚姻した場合、Aは当 (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (30) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題3-46】 独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (1)機構は、災害復興建築物の建設に伴い、それに付随する借地権の取得に必要な資金の貸付 (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (29) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題3-41】 宅地建物取引業者A(甲県知事免許)は、乙県で行う50区画の宅地の分譲について、案内所を設置した。この場合、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。 アAは、この案内所にも従業者名簿を備え付け、ここで事務の補助に従事するアルバイトのBについても、名簿に記載しなければ (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (28) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題3-36】 宅地建物取引業者(以下、「業者」という。)Aが、自ら売主となって、Bから宅地を取得し、Cに売却する旨の契約を締結した場合に関する次 (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (27) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題3-31】 宅地建物取引業者Aが保証協会の社員になった場合に関する記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 (1)Aが、新たに支店を1カ所設置しようとする場合、その設置する日までに、弁済業務保証金分担金30万円を保証協会に金銭で納付しなければならない。 (2)保証協会に対して、複数の業者から認証の申し出があった場合、保証協会は、債権額の大きいものから (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (26) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題3-26】 次の免許に関する記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはいくつあるか。 ア社会福祉法人Aが、高齢者の居住の安定確保に関する法律に規定するサービス付き高齢者向け住宅の貸借の媒介を反復継続して行う場合は、宅地建物取引業の免許を必要とする。 イ破産管財人Bが、破産財産の (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (25) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題3-21】 土地区画整理法における仮換地の指定に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 (1)仮換地を指定するに際して、土地区画整理組合は、総会等の同意を得るほか、土地区画整理審議会の意見も聴かなければならない。 (2)仮換地につき抵当権者がいる場合、施行 (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (24) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題3-16】 都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 (1)都市計画区域の整備、開発及び保全の方針には、「都市計画の目標」を必ず定めなければならない。 (2)特定街区は、一定 (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (23) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題3-11】 Aが所有する甲地をBに賃貸し、Bが甲地上に乙建物を新築し、所有している場合に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、正しいものはどれか。 (1)BがAに無断でCとの間で乙建物の賃貸借契約を締結すると、Aは、Bとの賃貸借契約を解除できる場合がある。(2)Bが借地権をDに譲渡しても、Aに不利になるおそれがないにもかかわらず、Aがそれを承諾しない場合、Dは、Aの承諾に代わる裁判所の許可を申し立てることができる。 (3)Bの乙建物をEが競売で取得した場合、Aに不利と (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (22) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題3-6】 時効に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 (1)取得時効は、物権について認められるのが一般であるが、債権のうち、不動産賃借権については、継続的用益という外形的事実が存在すれば、取得時効の対象とすることができ (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (21) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題3-1】 次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。 (1)意思能力を有しない者のなした法律行為は無効である旨 (2)条件成就により利益を受ける当事者が、故意に条件を成就させた場 (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (20) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題2-46】 独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 (1)機構は、貸付けを受けた者が景況の悪化や消費者物価の上昇により元利金の支払いが困難にな (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (19) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題2-41】 宅地建物取引業者Aが、自ら売主となって一団の宅地の分譲を行おうとする場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、誤っているものはどれか。 (1)Aは、当該分譲地の最寄りの駅前に、現地への案内のみを行う案内所を設置した場合でも、当該案内所に法第50条1項に規定する標識を掲げなければならない。 (2)Aは、この販売を案内所を設置して行うこととした場合、当該案内所に法第50条1項に規 (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (18) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題2-36】 宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明を宅地建物取引士が行う場合における次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。 ア建物の貸借の媒介の場合は、建物の売買の媒介の場合と同様に、建築基準法に規定する建ぺい率及び容積率に関する制限があるときはその概要を説明しなければならない。 イ建物の貸借の媒介の場合は、建物の売買の媒介の場合と同様に、土砂災害警戒区域における土砂災害防 (続く)

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています