お知らせ
住宅新報社の登録講習

2017宅地建物取引士受験セミナー記事一覧

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (15) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題2-21】 農地法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものどれか。 (1)遺産分割により農地を取得する場合、その (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (14) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題2-16】 都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (1)準都市計画区域は、都市計画区域外の区域のうち、相当数の住居その他建築物の建築又はその敷地の造成が現に行われ、又は行われると (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (13) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題2-11】 次の記述のうち、借地借家法及び判例によれば、正しいものはどれか。 (1)平成29年2月1日に堅固な建物を所有することを目的として借地権を設定し、特に期間を定めなかったときは、その期間は60年となる。 (2) (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (12) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題2-6】 相隣関係に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。ただし、民法の規定と異なる慣習については考慮しないものとする。 (1)土地の所有者は、境界付近に建物を建てるために必要であれば隣地の住家への立ち入りを請求することができ、もし (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (11) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題2-1】 制限行為能力者の行為の効力に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。 (1)未成年者AがBに金銭を貸し付けている場合、Aは親権者の同意を得なければ、Bから当該貸金の領収をすることができない。 (2)成年被後見人Cが成年後見人Dの同意を得ずに自宅近くのスーパーマーケットで (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (10) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-46】 独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)の業務に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (1)機構は、住宅の建設、購入、改良若しくは移転(以下この問において「建設等」と (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (9) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-41】 宅地建物取引業法第34条の2の規定に基づく媒介契約に対する規制に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 (1)宅地建物取引業者が媒介契約を締結したときに依頼者に交付すべき書面には、宅地建物取引士が記名押印しなければならない。 (2)宅地建物取引業者が媒介契約に係る宅地又は建物を売買すべき価額又は評価額について意見を (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (8) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-36】 宅地建物取引業者Aが自ら所有する宅地を売却する契約を締結した場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。 ア宅地建物取引業者ではない買主Bが、「現金の持ち合わせがない」と言ったので、Aは、「私が立て替えて手付を払ったことにしておく」と言って契約の締結を勧めた。手付について信用を供与することをBが了承しているときは、宅地建物取引業法違反とはならない。 イ宅地建物取引業者ではない買主Cが、「私は決して契約違 (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (7) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-31】 宅地建物取引業法に規定する営業保証金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 (1)宅地建物取引業者は、その免許を取り消された場合、直ちに供託している営業保証金を取り戻すことができる。 (2)宅地建物取引業者が、主たる事務所のある県と同一県内に従たる (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (6) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-26】 業として行う次の行為のうち、宅地建物取引業に当たるものはどれか。 (1)宅地の賃貸借の代理をする行為 (2)宅地の造成の請負をする行為 (3)自己所有の建物の賃貸をする行為 (4)他人所有の宅地又は建物の管 (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (5) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-21】 土地区画整理事業を施行中の地区内において、A所有の宅地甲について仮換地として宅地乙が指定された。Bは、宅地甲を購入して宅地乙に住宅を建築したいと考えているが、次の記述のうち正しいものはどれか。 (1)換地処分が終わるまでは、宅地乙に住宅を建築することはできない。 (2)換地処分が終わるまでは、AB (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (4) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1―16】 都市計画法に規定する用途地域に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 (1)市街化区域及び区域区分が定められていない都市計画区域については、少なくとも道路、公園及び下水道を定め、第一種・第二種低層住居専用地域などの住居系用途地域に (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (3) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1―11】 借地権に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 (1)借地借家法にいう借地権とは、建物の所有を目的とする土地賃借権をいう。 (2)期間を定めない借地権の (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (2) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-6】 AがBに対して負う債務について、CはBとの間に連帯保証契約を締結した。この場合、特約がなかったとして、民法の規定によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。 (1)AがBに対して債権を有していても、Cはこの債 (続く)

  • 2017宅地建物取引士受験セミナー (1) 2017宅地建物取引士受験セミナー

    今週から2017年度宅地建物取引士資格試験の合格を目指す、「受験セミナー」をスタートします。最初は、難易度がまだ上がる前の過去問をアレンジしたもの。2クール目からは、予想問題となります。1週間に5問ずつの実戦塾で合格を目指しましょう。 【問題1-1】 (続く)

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています