お知らせ

マンション管理記事一覧

  • サービスのイメージ図

    管理会社向け入居者管理アプリ提供開始 ファミリーネット・ジャパン 賃貸・管理

    ファミリーネット・ジャパンは、入居者との円滑なコミュニケ―ションをサポートするクラウド型アプリケーションサービス「おへやアプリ」(TM)を賃貸管理会社や社員・学生寮の運営管理受託会社など向けに提供を開始する。 サービス内容は、入居者サイト(スマートフォンアプリ、パソコン)とそのサイトを簡便に設定変更できる管理画面がセットになる。導入すれば、バックオフィス機能の業務を効率化できるという。例えば、画面を通じて入居者に情報を発信でき、電話や来店してもらわなくても、更新や退去の手続きができる。同社の試算によると、管理物件が4000戸の場合に1戸当たりの月額費用は約50円となる。 (続く)

  • 新CMの1場面

    新CMにHKT48の指原莉乃さん起用 ハウスメイト 総合

    ハウスメイトパートナーズは、イメージキャラクターにアイドルグループでHKT48の指原莉乃さんを起用した新テレビCMの放送を12月16日から開始する。 グレーのスーツを着用した社員役の指原さんが、忍者ファミリーの要望に応えて部屋探しを手伝うというストーリー。今回、ブランドスローガンも刷新させ、より身近に相談しやすい店舗づくりの目標をコマーシャルを通じて伝える。12月15日から2018年3月 (続く)

  • 男性社員の育児休業取得率21%超 レオパレス21 総合

    レオパレス21は、2016年10月から17年9月の1年間に、配偶者が出産した男性社員の育児休業取得率が前年度の2.88%を大幅に上回る21.43%になったと発表した。 同社は14年1月に「ワークライフバランス推進室」を設置。育児休業取得に関する注意事項を送付するなど、この取得を促進する「ウェルカムベビー登録制度」を導入したことが寄与した。国が掲げる20年までの13%達成を前倒しで実現したかたち (続く)

  • 管理業務主任者試験の受験者約1・7万人 マンション管理業協会 総合

    マンション管理業協会は、12月3日に全国8試験地・18会場で実施した、2017年度管理業務主任者試験の受験状況をまとめた。申し込み者2万98人に対し、実際の受験者は1万6950人となり、受験率は84・3%だった。昨年度の受験率83・7%を上回った。合格発表は18年1月19日に全受験者に対して郵便で合否を通知する。 (続く)

  • 東京・豊島のUR賃貸住宅をサブリース 東急住宅リース 賃貸・管理

    東急住宅リースは、UR都市機構が所有する都心高額賃貸住宅「アーバンライフ目白駅前」と「アクティ上池袋」(いずれも東京都豊島区内)の2物件について、入札で運営事業者に決まった。18年2月1日から10年間のサブリース契約を締結する。 運営(経営)と共用部・専有部の修繕と維持管理などを担う。譲渡に係る優先交渉権も付与されている。同社がUR都市機構所有の賃貸住宅をサブリース契約するのは初めてという。   (続く)

  • 分譲マンションに無人コンシェルジュ導入 大和ハウス工業など マンション・開発・経営

    大和ハウス工業と大和ライフネクスト、ファミリーネット・ジャパンの3社は、無人コンシェルジュサービス「ヒューマンシェルジュ・ダイレクト」を共同開発した。 大和ライフネクストが管理する分譲マンションの常駐有人コンシェルジュサービスを進化させ、宅内インターホンの液晶画面で専用ボタンを押すと、別の場所にいるコンシェルジュデスクに直接つながり通話できる。18年1月中旬販売開始予定の「プレミスト代々木公園パークフロント」(渋谷区富ヶ谷)から導入 (続く)

  • アパマンショップ小倉店を移転 不動産中央情報センター 賃貸・管理

    不動産中央情報センターは、アパマンショップ小倉店を12月1日に移転オープンする。北九州市小倉北区小文字通りから平和通りに移転。同日から12月26日まで、来店者に地元店舗の洋菓子などをプレゼントするオープニングキャンペーンを実施 (続く)

  • 施工イメージ

    壁紙サービスに人気アニメのコンテンツ追加 エイブルリフォーム 賃貸・管理

    エイブルリフォームは、一枚からオリジナル壁紙が製作できるサービス「プリカベ」のプレミアムコースに、人気アニメ「ガールズ&パンツァー最終章」とコラボレーションした壁紙コンテンツを追加し、施工販売を開始した。空室対策としても効果の実績があるという。   (続く)

  • ベトナム駐在入居者に損害保険提供 レオパレス21 総合

    レオパレス21は、子会社のレオパレス21ベトナムが運営管理するサービスアパートメント「グランフェルテハノイ」を利用する駐在員を対象として、東京海上グループのベトナム現地法人が提供する家財に対する損害補償や万一の事故による賠償責任補償に対応する保険の自動付帯サービスの提供を開始する。 レオパレス21と保険会社が包括保険契約(一括申し込み)を締結するため、入居者が保険会社に別途、保険料を納める必要はないという。   (続く)

  • 低価格帯賃貸住宅の一般媒介で業務提携 エイブル 総合

    エイブルは、レジデンシャル・サービス・ジャパンなどが全国で運営する1001棟(9万9005戸)の旧・雇用促進住宅をリブランディングした「ビレッジハウス」の一般媒介について業務提携し、全国のエイブル店舗で賃貸仲介の紹介を開始した。 ビレッジハウスは、低価格帯の賃貸住宅市場の新たな供給先として、高齢者や生活保護受給者、シングルマザー、保証人のいない外国人などの入居を積極的に受け入れている。 (続く)

  • 外国人入居者など向けに海外送金サービス レオパレス21 総合

    レオパレス21は11月20日から、海外送金代行サービス「トランスマン」を入居者をはじめとしたステークホルダー向けに提供を開始する。留学生など、増え続ける外国人入居者などの利便性を高めるのが狙い。 同サービスはNVI(東京都中央区)が運営しており、国内送金代行サービスを運営するJPLinks(宮城県仙台市)と業務提携して販売する。この販売先第一号がレオパレ (続く)

  • 海外投資家所有の同社賃貸管理戸数が前年比2倍 東急住宅リース 賃貸・管理

    東急住宅リースは、海外投資家が首都圏・関西圏で購入した不動産で、同社の今期の累計賃貸管理戸数が対前年比で2倍になる見込みと発表した。 投資用不動産の間取りは2LDKから3LDKのファミリータイプが多く、関西圏ではタワーマンションが人気で、今期はマレーシアの投資家が所有する賃貸管理戸数が増えているという。不動産価格が高騰する香港やシンガポールなどの投資家は日本の不動産に対する投資ニ (続く)

  • 17年度マンションすまい・る債は8・5万口、422億円 住金機構 総合

    住宅金融支援機構はこのほど、17年度マンションすまい・る債の募集結果を発表した。応募は8万4354口で、総額421億7700万円。対前年度比0・0%増となった。応募は1827組合(同8・0%減)によるもの。募集口数は15万口で1口 (続く)

  • 最優秀賞作品「Green veil」

    エクステリアデザインコンテスト入賞作品決定 レオパレス21 マンション・開発・経営

    レオパレス21は、6月から8月に募集した「エクステリアデザインコンテスト」の最優秀賞など入賞作品を決めた。最優秀賞は、学生の大内逸平さんが制作した作品名「Greenveil」となり、新住民と地域住民の二つの異なる視点をつなげる役目を果たすエクステリアの提案。三次元的なツタのネットを使い、異なる二つ (続く)

  • 複数のデザインから自由に選べる

    賃貸管理会社向けHP制作サービスを開始 オーナーズエージェント 総合

    賃貸管理ビジネスの業務効率化を支援するオーナーズエージェントは、不動産オーナーからの反響獲得を目的とした賃貸管理会社向けの企業ホームページの制作サービスを開始した。デザインやパーツを自由に選べて、更にそれらを各社の仕様にカスタマイズできる。低価格・短期間でホームページを制作できるという。 ウェブ戦略は、賃貸「仲介」で年々重要性が高まっているが、賃貸「管理」分野ではそれほど重要視されていないと考え、「まちの不動産屋さん」でもネットで闘えるだけの営業ITツールを整えるべきとの観点で (続く)

  • 設置導入イメージ

    スマート賃貸住宅の実証試験開始 大東建託×東電PG 総合

    大東建託は、東京電力パワーグリッドが提供する宅内IoTプラットフォームを活用したスマート賃貸住宅の実証試験を両社で開始した。対象住宅の分電盤に、住宅全体の電気の使用状況を測定する専用電力センサーを設置。電力データを活用した新たなサービスを検討・検証する。 検証結果を踏まえ、2018年4月以降、大東建託の管理物件への本格導入を検討する。 (続く)

  • 11月20日に管理・仲介業務支援の新商品発表会 日本エイジェント 賃貸・管理

    日本エイジェントは、不動産会社向けの新商品発表会を11月20日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで開く。同社が提供する管理業務や仲介業務向けの強化ツール、支援サービスを紹介する。 同社の入居者対応の専用アプリケーションは現場対応マニュアルの閲覧や教育に使え、AI(人工知能)技術で問い合 (続く)

  • 気軽な相談窓口を見つけたい人向けに新CM放映 エイブル保証 賃貸・管理

    エイブル保証は、新しいテレビコマーシャル(CM)となる「おじいちゃんの願い」編の全国放送を開始した。 同社が展開するサブリース事業は新築物件に加え、築年数や建物規模を問わず、古くなった物件も取り扱う。今回の新CMでは、経営する古いマンションの空室をすべて解消して夢の満室経営 (続く)

  • 幕張の総合展でAI管理員を紹介 ファミリーネット・J 総合

    東京電力グループのファミリーネット・ジャパンは、10月に千葉・幕張メッセで開催される「CPS・IoT総合展」に出展し、マンション向け「AI(人工知能)管理員」「AIコンシェルジュ」のサービスを紹介する。 18年度中の商用化に向けて開発中の技術で、管理員やコンシェルジュの不在時に入居者や管理組合からの問い合わせに対し、AIの音声対話で対応するサービス。今回はAIによる音声対話機能に顔認証や感情認識など新機能を搭載して公開する。 (続く)

  • 管理受託マンションで親子イベント開催 東急住宅リース 総合

    東急住宅リースはこのほど、管理受託している「ブローテ大倉山」の入居者を対象として、マンション内設置のキッズルームで夏のイベント「親子で学ぼうアートワークショップ」を開催した。 イラストレーターを講師に子供たちが「だるま」について学びながら、白いだるまに自由に絵の具で色を塗った。2日間で親子30人が参加。同マンションは子育て支援がコンセプトで、定期的にイベントを開催し、コミュニティーづくりをサポートしている。 (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています