6月29日(火)【参加無料・WEBセミナー】〜ニューノーマル・おうち時間に“付加価値提案”を〜 住宅メーカーが知っておきたい2つのこと

イノカ、三井不 商業施設で小学生向け体験型環境教育プログラム

 環境移送技術の研究開発および社会実装を推進する東大発ベンチャー、株式会社イノカ(東京都港区)は、6月5日から、三井不動産と協業し、三井不動産グループが管理・運営する「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」(神奈川県横浜市)で、都市空間にサンゴ礁を創造する体験型環境教育プログラム「よこはまサンゴ礁ラボ2021」をスタートする。同プログラムは、小学生を対象に設置された水槽を通じて、生態系や環境問題への理解を深めていくもの。商業施設の一角にサンゴ礁生態系を再現する水槽を設置し、都会の子どもたちが自然環境に触れる機会を提供する。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読お申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています