お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

習志野の物流施設が竣工 事業プラットフォーム強化図る 三菱地所G

 三菱地所が千葉県習志野市で開発を進めてきた物流施設「ロジクロス習志野」が、3月30日に竣工した。同施設は地上4階建て、延べ床面積約3万9100平方メートルの規模で、東関東道谷津船橋ICまで約1・6キロメートル、JR京葉線新習志野駅から徒歩約5分の立地。同社が16年に連結子会社化した東京流通センターが、委託を受けて運営管理業務を行う。
 三菱地所グループでは、17年に発表した3カ年の中期経営計画で「物流施設事業のプラットフォーム強化」を目標として掲げており、従来は外部の管理会社に委託していた運営管理業務を内製化。また三菱地所による「用地取得・開発」と、グループ企業による「保有およびアセットマネジメント」と合わせ、グループ内で機能を役割分担して目標の達成を図っている。
 更に同グループではこのほど、神奈川県厚木市で2棟目となる物流施設「(仮称)ロジクロス厚木II」の開発計画も決定。今後も三大都市圏を中心に、全国で年間2棟から4棟の開発を行っていく方針だ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019
【入場無料】“賃貸管理”からあらたな“顧客を生み出す”セミナー(東京)【アンコール講演】

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています