横浜市と連携、6店舗を「住まいの相談窓口」に ナイス

 ナイス(神奈川県横浜市)は9月28日、横浜市と連携協定を締結し、同市内の6店舗を同市「住まいの相談窓口」に位置付けたと発表した。これにより、同施設は計15カ所となる。
 「住まいの相談窓口」は、同市が民間事業者や住宅関連団体と連携して開設しているもので、市民からの住まいに関する相談に対応すると共に、同市の住宅政策についての情報発信を行う施設。同社は今回、住宅関連の総合店舗「ナイス住まいの情報館 住まいるCafe」のうち、鶴見東・鶴見西・綱島・菊名・星川・上大岡の6店舗を同施設として位置付け、市民からの各種相談に無料で対応することとした。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています