森ビル、あいおいニッセイ同和損保 初の台風テーマに街育プロジェクト

水のうを作る様子

 森ビルとあいおいニッセイ同和損害保険は、9月12日、「ヒルズ街育プロジェクト」のオンライン特別企画「台風対策を学ぼう!安全と安心のヒミツ探検ツアー」を共同開催した。小学校3~6年の親子が対象で、当日は2回にわたって行われ、合計71組が参加した。

 オンラインツアーでは、災害予想アプリ「cmap(シーマップ)」を使って、過去の台風の状況や近づいている台風の進路予想をリアルタイムで体験した。アクティブマスダンパーや防水版の動画や写真のほか、身近なものでつくれる「水のう」の作り方を紹介して、浸水被害の準備の仕方を学んだ。クイズやチャットで質問するなど約70分のオンラインプログラムを終えた子供たちからは、「楽しかった」「ビルの屋上に揺れをおさめる装置があることに驚いた」といった感想が寄せられた。

 「ヒルズ街育プロジェクト」として、初めて台風を取り上げた。森ビルでは、「住み続けられるまちづくりを」や「気候変動に具体的な対策を」といったSDGs(持続可能な開発目標)につながっていることにも触れ、子供たちが自分の住む街や未来の街に興味を持つきっかけを提供できたと評価している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています