カチタス 累計販売戸数6万戸突破

 中古住宅買取再生事業を展開するカチタス(群馬県桐生市、新井健資社長)は、21年4月時点で販売戸数累計が6万戸に到達したと発表した。

 同社は98年に中古住宅再販事業を開始してから約8年かけて累計1万戸に到達した後、18年に累計5万戸を達成。一般的な買取再販事業者が都市部のマンションを多く扱うのに対し、同社の20年度4525戸の販売のうち約9割が一戸建て、また三大都市圏以外のエリアが8割を占めている点が特徴だ。同社によると「当社のこの独自性は、都市部への人口集中による地方の高齢化や経済の空洞化等の社会課題を解消し、地域活性化につながっていると考える」としている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています