お知らせ
不動産相談員研修(宅建士合格者)

三井不動産とプロロジス、川越で共同開発の物流施設を竣工

 三井不動産とプロロジスは11月6日、共同事業として開発を進めていた賃貸用物流施設「MFLPプロロジスパーク川越」(埼玉県川越市)を竣工した。大手総合ディベロッパーである三井不動産と物流不動産開発大手のプロロジスが、双方の強みを生かした物流施設の開発を行い、共同事業の可能性を広げるという趣旨の計画。
 同施設は関越自動車道川越ICから自動車で約7分の立地。約5万8750平方メートルの敷地に、地上4階建てで延べ床面積約13万1270平方メートルのマルチテナント型物流施設を建設した。両社によると、圏央道以南の関越自動車道沿いでは最大規模の物流施設となっている。6日現在、入居企業として3社が決定している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています