お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

松山市の再開発事業で大京など3社と準備組合が協定

 愛媛県松山市で市街地再開発事業を進める「湊町三丁目C街区地区市街地再開発準備組合」(日野二郎理事長)は9月19日、大京を代表企業とし、野村不動産と三菱地所レジデンスが参画する事業グループと同地区の再開発事業に関する事業参加協定書を締結した。
 同再開発事業の予定区域面積は約1.1ヘクタールで、伊予鉄道松山市駅から徒歩5分の立地。18年度中に都市計画を決定し、19年度に再開発組合を設立、21年度から23年度にかけて施設円地区物の工事を行う予定。開発の内容については「優れた住環境の整備のほか、魅力ある商業・公益施設を開発することによって、同市の新たなランドマークとなる複合型施設の完成を目指す」(同準備組合)としている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています