お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

住宅用付加断熱材の新商品を10月発売 マグ・イゾベール

 ガラス短繊維製品や断熱材、吸音材の製造・販売を手掛けるマグ・イゾベール(東京都千代田区、フランシス・ショレー社長)は10月1日、住宅外壁の付加断熱工法用の新商品「付加断ボード」を発売する。
 同新商品は不燃材のグラスウールを使用しているため耐火性に優れ、表面には撥水加工を施し、吸音性能も備えた断熱材。国のZEH基準の中で、外皮性能基準が高い水準で設けられていることから、充填断熱と外張り断熱を組み合わせた付加断熱用の断熱材のニーズ増加が見込まれるとして開発されたものだ。
 同新商品は長さ1820ミリメートル、幅410ミリメートルで、厚さは2種類を用意しており、45ミリメートル厚が5500円(税別)で、60ミリメートル厚が7100円(税別)。住宅メーカーや工務店、リフォーム業者とその他建設業を販売対象としている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています