お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

老人ホームの需要を予測、サ高住が急増へ

 住宅不動産市場研究会(代表=伊豆宏・明海大学名誉教授)は6月11日、老人ホーム(福祉系施設、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け賃貸住宅=サ高住)の需要予測を発表した。

 それによると、その合計収容定員は2011年の144万人から15年には180万人、20年には206万人に膨らむ見込みだ。これをタイプ別に見ると、福祉系は11年の107万人から15年には104万人、20年には103万8000人と減少傾向をたどる。これに対し、サ高住は11年の16万人から15年は48万人、20年には68万人と急増する。有料老人ホームは11年の21万人から15年は28万人、20年は34万人と増加していく。

 75歳以上人口に占める老人ホーム(収容定員)の比率は全体で、10年が9.6%、15年が10.7%、20年が11.1%となる。

 同研究会は今後、住宅着工戸数の減少が予測されることから、代わりに増加する老人ホームの建設需要に期待がかかるとしている。ちなみに、老人ホームに老人福祉センター、デイサービスセンターを加えた工事費(設備費、用地費 除く)は、年平均で06年~10年の1兆2000億円から11年~15年は1兆7000億円、16年~20年は1兆8000億円と推計している。(問い合わせ先=TEL/FAX047-343-2391伊豆氏)

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています