【不動産テック.BIZ PRESETS WEBセミナー】2022年、不動産実務はどう変わる? ー電子契約解禁で進むデジタル化ー

シリーズ・SDGs実現に挑む 委員会を発足し活動加速 加来不動産・目標1、11など

この記事を読むのに必要な時間:約1分

1人親世帯・賃料支援する「リ・エクラ」

 福岡県北九州市小倉南区で総合不動産業を展開する加来不動産(加来寛社長)は、今年6月から社内にSDGs委員会を発足した。月2回、社員が集まり、ざっくばらんに自分たちができることを考える場になっている。委員長である石川明人氏によると、そこで出たアイデアは、長期的なこと、短期的なこと、お金がかかること、お金がかからないことの4軸で分類して、SDGsの17目標のどこに当てはまるのかなどを話し合う。

 委員会が発足したのは今年だが、取り組みそのものは昨年から行っていた。もっともそのときはSDGsの取り組みとして始めたわけではなかった。不動産の相続相談から、加来不動産で所有することになった1棟の賃貸マンション。空室があったことから、21室中13室をリノベーションして一人親世帯を支援するために、月額家賃を1万2000円減額した。空室が埋まり、不動産価値を再生しつつ地域の活性化につながった取り組みだったが、これがSDGsの目標1「貧困をなくそう」と目標11「住み続けられるまちづくりを」につがなることに気付いた。石川さんは「不動産業は、SDGsの目標に当てはまる事業が多い」と指摘する。

 SDGs委員会の発足と同時期に、加来不動産は北九州市が取り組む「北九州SDGsクラブ」に参加した。北九州市のSDGs登録(経済・社会・環境の3分野)へ向け、これからも活動に取り組んでいく。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています